巨額を投入したソウル市のオブジェ、またも市民から苦情相次ぐ=韓国ネットもため息

配信日時:2018年9月9日(日) 8時0分
巨額投じたソウル市のオブジェ、またも苦情相次ぐ
画像ID  1012455
6日、韓国・朝鮮日報は、数十億ウォンかけたソウル市のオブジェが物議を醸していると報じた。写真はソウルを流れる漢江。
2018年9月6日、韓国・朝鮮日報は、数十億ウォンかけたソウル市のオブジェが物議を醸していると報じた。

記事によると、先月25日にソウル市二村(イチョン)汝矣島(ヨイド)に漢江(ハンガン)芸術公園がオープンした。同市が「市民らが日常生活でも芸術を楽しめるように」との思いから税金102億ウォン(約10億2000万円)をかけて造ったものだ。公園一帯には国内チームから30点、海外チームから7点の計37点のオブジェが設置され、総事業費のうち60億ウォン(約6億円)が投入されたという。物議を醸しているのは、彫刻家チ・ヨンホさんが作った「ホッキョクグマ」。黒い廃タイヤを利用してホッキョクグマの肌、筋肉、歯などを繊細に表現した作品。同市関係者は「クマは漢江の強い生命力を強調するという点で意味がある」と説明しているが、市民からは苦情の声が上がっているという。さらに、これ以外のオブジェに対してもさまざまな指摘が寄せられているという。

このような問題は今回が初めてではない。同市では、2014年12月に漢江公園に1億8000万ウォン(約1800万円)を投じて設置された大型の「怪物」オブジェや、昨年5月ソウル路に靴3万足を100メートルつなぎ合わせた「シューズツリー」も市民らの激しい批判を呼んでいた。

専門家らは「公共美術の特性を十分に考慮しない行政のせい」と指摘しているが、同市関係者は「ホッキョクグマについては公園内の他の場所に移す事も検討しているが、その他の作品は専門家36人による作品選定委員会で選定、さらに市民公募も経ていることから問題にはならない」との立場を明らかにしているという。

これを受け、韓国のネット上では3500件近くものコメントが寄せられている。「写真で見ても恐ろしい」「あれは怪物なの?ホッキョクグマには到底見えない」「設置するとしたら、老若男女みんなが理解できる作品を設置すべき。作家本人が展示したい作品は、自分のお金で何とかして」「ソウル市はお金があるみたいだね。こんな芸術なのかごみなのか分からないものに巨額を投じるんだから」「そのお金で一人暮らしのお年寄りを支援しなよ」「だったら公園に木を植えて。日陰が少な過ぎる」「シューズツリーといい今回といい、朴元淳(パク・ウォンスン)市長の趣味なの?」など非難の声が相次いでおり、しばらくの間波紋を呼びそうだ。(翻訳・編集/松村)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/09/10 16:53)

    韓国人ってオブジェ好きだなあ。 一時期話題になった「モルゲッソヨ像」も案外深い意味が込められてたし、芸術家肌の人間は結構居そうなんだけど、問題はそのオブジェの意味が民間にぜんぜん伝わってないってとこかな。 いくら高尚な意味を持つ作品でも、受け手がそれを受信するアンテナを備えてないと意味ないんだよね。 まあ、文学なりなんなり、他の創作物にも言えることなんだけど。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ハムス***** | (2018/09/09 11:00)

    建国神話によれば超汚染塵は熊女から生まれた筈。 北極熊なら親戚だろ。礼儀を尽くせ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • yas***** | (2018/09/09 09:52)

    芸術性を競わない公共施設への展示作品は、出来れば材料費代ぐらいで出品して欲しいな。芸術作品への見方は人によって千差万別。展示品への個人評価を殊更取り上げるのはどうなのか?一応作品は選定されたようだし。無センス批判は芸術家より選定委員会へでしょう。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事