Record China

ヘッドライン:

“がん疑い”のジョン・ウー監督が完全復活!アラン・ドロン名作をリメイク―中国

配信日時:2012年7月23日(月) 11時10分
拡大
21日、病気療養中だったジョン・ウー監督が北京市で、中国メディアのインタビューに応じ復活をアピールした。写真はジョン・ウー監督。
(1/4枚)

2012年7月21日、病気療養中だったジョン・ウー(呉宇森)監督が北京市で、中国メディアのインタビューに応じ復活をアピールした。新浪網が伝えた。

その他の写真

今年5月、「レッドクリフ」や「ミッション:インポッシブル2」などで知られるジョン・ウー監督が、「喉頭がんで入院中」と報道され大騒ぎになった。21日、中国の大手ポータルサイト・新浪網(SINA)のインタビューに応じた監督によると、頸部にできた腫瘍は発見が早かったため良性で、すでに完治したことを語った。このため、中断していた仕事に、精力的に取りかかるという。

発病前に製作が伝えられていたラブロマンス映画「生死恋」は、治療で中断している間に主要キャストが別の作品に取りかかっているため、彼らのスケジュールが空き次第、再開するという。年内の最も大きな仕事は、1968年のアラン・ドロン主演作「サムライ」のリメイクバージョン。冬が舞台の映画なので、間もなくドイツへ飛んでロケ地を選定する予定だ。

さらに、63年に公開された鈴木清順監督の名作「野獣の青春」をリメイクした「野獣之日」(仮題)の製作も控えている。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング