中国が米国のスーパー高速鉄道を導入、夢の「空中バス」と同じような詐欺で終わる?―香港紙

配信日時:2018年8月6日(月) 12時10分
中国が米国のスーパー鉄道導入、空中バスと同じような詐欺で終わる?
画像ID  1012438
米国のスーパー高速鉄道「ハイパーループ」を建設する契約が中国貴州省銅仁市で結ばれた。しかし、疑問や懸念の声が噴出している。
2018年8月5日、香港経済日報によると、米国のハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズがこのほど、中国貴州省銅仁市との間で全長10キロのスーパー高速鉄道「ハイパーループ」を建設する契約を結んだ。

ハイパーループとは、減圧したチューブの中を浮上した車両が超高速で進むという新たな高速輸送システムで、従来のレールの上を電力によって走行するシステムとはまったく異なる。

10キロと短い距離なのは試験的な導入だからだとみられるが、この契約が発表されると中国のネット上では「中国は『高速鉄道大国』と呼ばれるようになりつつあるのに?」「なぜ米国から導入する必要があるのか」といった疑問の声が噴出したという。

また、中国科学技術部傘下の科技日報もこの導入を評価していない。「夢の新交通システムと呼ばれた『巴鉄(空中バス)』と同じような詐欺で終わるのではないか」との懸念も出ているという。

業界の専門家からも、ハイパーループは技術的にまだ完成されておらず、速度や輸送量などの性能、安全性、既存の高速鉄道との共存といった面からも導入は現実的ではないとの見方が出ているという。(翻訳・編集/岡田)
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • Ken***** | (2018/08/06 16:46)

    これって原理的にはチューブ内を超高空と同じ状態にして飛行機を飛ばすようなことだよな。計画ではほぼ音速で「飛ぶ」のを目標にしているらしいが、そうなると、機体は航空機技術の延長でよいとしても、チューブ側も熱の発生や空気の壁、音速以下で発生する類の衝撃波に対して同様の技術で路線全部が作られている必要がある(しかも機体が通り過ぎる一瞬に全てが襲ってくる)よな。それは費用対効果的に商業利用にペイできるものなのか?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 大高富***** | (2018/08/06 15:43)

    今では知る人は知るの、中国特有の技術を”盗む”やり方でしょう。本気ですぐに導入するつもりはなく、「契約する意向あり…」としてまず”技術交流”で技術をほとんどただ同然で盗み、理解した後は種々条件やいちゃもんをつけ、実質”契約はなかった”ことにする、というもの。中国ビジネスを余り良く知らない国や企業等がよく引っ掛かる”詐欺”の様な手法です。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事