Record China

ヘッドライン:

中国が米国のスーパー高速鉄道を導入、夢の「空中バス」と同じような詐欺で終わる?―香港紙

配信日時:2018年8月6日(月) 12時10分
拡大
米国のスーパー高速鉄道「ハイパーループ」を建設する契約が中国貴州省銅仁市で結ばれた。しかし、疑問や懸念の声が噴出している。

2018年8月5日、香港経済日報によると、米国のハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズがこのほど、中国貴州省銅仁市との間で全長10キロのスーパー高速鉄道「ハイパーループ」を建設する契約を結んだ。

ハイパーループとは、減圧したチューブの中を浮上した車両が超高速で進むという新たな高速輸送システムで、従来のレールの上を電力によって走行するシステムとはまったく異なる。

10キロと短い距離なのは試験的な導入だからだとみられるが、この契約が発表されると中国のネット上では「中国は『高速鉄道大国』と呼ばれるようになりつつあるのに?」「なぜ米国から導入する必要があるのか」といった疑問の声が噴出したという。

また、中国科学技術部傘下の科技日報もこの導入を評価していない。「夢の新交通システムと呼ばれた『巴鉄(空中バス)』と同じような詐欺で終わるのではないか」との懸念も出ているという。

業界の専門家からも、ハイパーループは技術的にまだ完成されておらず、速度や輸送量などの性能、安全性、既存の高速鉄道との共存といった面からも導入は現実的ではないとの見方が出ているという。(翻訳・編集/岡田)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

英テレビ司会者、電車内で大声で電話する中国人にガマンできず、声を出さず口の動きで「シャラップ!」=中国ネットも理解示す

1日、英BBCの自動車番組「トップギア」の元司会者のジェレミー・クラークソン氏が、中国の高速鉄道の車内で大声で電話する中国人乗客の行動に我慢できず、声を出さず口の動きで「シャラップ(黙れ)」と動かす動画が、中国で話題になっている。資料写真。

Record China
2018年8月2日 14時50分
続きを読む

ランキング