米、インド太平洋地域の安全保障協力に3億ドル拠出表明=中国の南シナ海軍事化に対応―仏メディア

配信日時:2018年8月5日(日) 15時30分
米、インド太平洋地域の安全保障協力に3億ドル拠出表明
画像ID  1012350
4日、仏RFIの中国語版サイトは、米国がインド太平洋地域の安全保障協力に3億ドル(約334億円)を拠出する方針だと報じた。資料写真。
2018年8月4日、仏RFIの中国語版サイトは、米国がインド太平洋地域の安全保障協力に3億ドル(約334億円)を拠出する方針だと報じた。

東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の外相会議のためシンガポールを訪れているポンペオ米国務長官は同日、南シナ海の軍事化に強い懸念を示し、米国が地域の安全保障分野への協力に3億ドルを拠出する方針を発表した。

背景には、中国が南シナ海における主権を主張し、防衛的措置として軍事化を強めていることがある。ポンペオ長官は「いかなる国も一帯の海空域を自由に航行できるべきだ」とし、平和的な手段で主権問題を解決したい考えを示した。

ポンペオ長官は先月30日、同地域のエネルギーやインフラ分野に1億1300万ドルを拠出すると発表したが、「中国に見劣りする」との声が出ていた。(翻訳・編集/岡田)
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事