ブラジルの地下鉄駅名に「日本」の名が付いたことは他のアジア国に対する差別?―中国メディア

配信日時:2018年8月6日(月) 7時20分
ブラジルの地下鉄駅名に「日本」の名、他のアジア国に対する差別?
画像ID  1012337
5日、海外網は、ブラジル・サンパウロ市の地下鉄駅名に日本の名前が付いたことで、ネット上で論争になっていると伝えた。写真はサンパウロ市。
2018年8月5日、海外網は、ブラジル・サンパウロ市の地下鉄駅名に日本の名前が付いたことで、ネット上で論争になっていると伝えた。

地元メディアの4日の報道によると、サンパウロ地下鉄公社は3日、市内にある「Liberdade」の地下鉄名を「Japao―Liberdade」へと変更した。これは、日本人のブラジル移民110周年を記念しての措置で、サンパウロ市長は7月24日に地下鉄駅名変更を決定していたという。このほか、「Praca da Liberdade」という名称の広場を「Praca da Liberdade―Japao」へと変更することもサンパウロ市長は決定していた。

記事は、ブラジル社会における日本人移民の比重とその役割を考慮すると、地下鉄名や広場名の変更に一部の人は理解を示していると紹介。一方で、反対の声も出ており、地下鉄名に「日本」を加えることは、日本以外にもほかのアジア諸国からも移民は来ていて大きく発展しているため、アジアの他の国に対する差別になるとの意見もあるという。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事