Record China

ヘッドライン:

違法操業の中国人船長2人を提訴、漁船への発砲も合法と主張―ロシア

配信日時:2012年7月21日(土) 15時13分
拡大
20日、ロシア国境警備局は日本海のロシアの排他的経済水域(EEZ)内で違法操業していた容疑で拿捕した中国漁船の中国人船長2人を提訴したことを明らかにした。写真は江蘇省蘇州市に停泊する漁船。
(1/4枚)

2012年7月20日、ロシア国境警備局は日本海のロシアの排他的経済水域(EEZ)内で違法操業していた容疑で拿捕(だほ)した中国漁船の中国人船長2人を提訴したことを明らかにした。21日付で環球時報が伝えた。

その他の写真

提訴された中国人船長は、それぞれ今月15日と16日にロシアの排他的経済水域で操業中にロシア国境警備局の警備艇に拿捕された漁船の船長。

ハバロフスクの中国総領事館によると、中国漁船1隻が15日、誤ってロシアの排他的経済水域に入り、ロシアの警備艇に拿捕された。漁船は現在、ナホトカ港に抑留されており、乗員19人は全員無事だという。

また、16日に拿捕された中国漁船は、ロシアの排他的経済水域で操業中に発見され、ロシアの警備艇から停止命令を受けたが逃走。警備艇は砲撃し、追跡を開始した。約3時間の追跡の後、漁船に乗り込もうとした際に抵抗を受けたため、銃器を使用したという。中国漁船の乗員1人が海に落ちて行方不明になっているが、他の乗員17人に異常はなく、同船もナホトカ港にえい航された後、抑留されている。

漁船に発砲したことについて、ロシア当局は「漁船が国際ルールに違反し、故意に逃走を図り、危険な航行を行っただけでなく、警備艇と衝突した。ロシア側の行為は合理的、合法的だ」としている。

また、ロシア当局の報道官は「国境警備隊は中国漁船に様々な方法で停船を求めた後、ロシアの法律に基づいて砲撃した。船端に向けて行ったものであり、発砲による死傷者は出ていない」と行為の正当性を主張している。(翻訳・編集/HA)

関連記事

<レコチャ広場>日本など周辺国で相次ぐ拿捕事件、原因は中国漁民の違法な国境越え―中国

19日、中国の漁船が日本やフィリピン、韓国など各国で拿捕される事件が相次ぐ中、中国の国境警察官が自身のブログで「実は中国漁民が決まりを守らないことが原因」と指摘した。写真は5月、北朝鮮に拿捕され、約2週間ぶりに帰国した中国漁民。

Record China
2012年7月20日 23時27分
続きを読む

証拠隠滅は中国の得意技?!違法操業の中国漁業船団、取り締まりに抵抗、母船を焼却―パラオ

16日、米グアムの地方メディアは、中国漁船不正操業事件に関するパラオのジョンソン・トリビオン大統領のインタビューを掲載した。中国漁船の異例の行動に不信感を示し、米軍がパラオに基地を建設するよう求めている。写真は江蘇省の漁港。

Record China
2012年4月18日 10時32分
続きを読む

漁船乗組員が語る「人生最悪の13日間」=「暴行され、有無を言わさず物置に押し込められた」―中国メディア

21日、北朝鮮に拿捕された中国漁船と船員が釈放され、大連の正明寺漁港に到着、健康診断を受けた。拘束された船員は当初報じられたより1人少ない28人だったことも明らかになった。乗組員たちが当時の状況を証言している。

Record China
2012年5月22日 8時34分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング