韓国で3年ぶりにMERS感染者、またも初期対応に失敗?=韓国ネットから不満続出

配信日時:2018年9月10日(月) 11時20分
韓国がまた初期対応に失敗?3年ぶりにMERS感染者発生
画像ID  1012196
10日、韓国・ソウル新聞によると、韓国で3年ぶりに発生した中東呼吸器症候群(MERS)患者が、何の疑いも持たれずに空港の検疫所を通過していたことが分かった。写真は仁川国際空港。
2018年9月10日、韓国・ソウル新聞によると、韓国で3年ぶりに発生した中東呼吸器症候群(MERS)患者が、何の疑いも持たれずに空港の検疫所を通過していたことが分かった。

韓国疾病管理本部によると、8月16日から9月6日までクウェートに出張し、7日に帰国したソウル在住の61歳の男性がMERS感染の確定診断を受けた。7日午後4時51分ごろに仁川国際空港から入国した男性は、検閲官に健康状態質問書を提出した。

中東地域からの入国者は、検閲法により同書類の提出が定められている。男性は同書類で「10日前から下痢が続いているが、現在は症状が軽い」と申告した。しかし疾病管理本部は「体温や呼吸器に異常が見られない」との理由で、男性を通過させた。当時、体調がすぐれなかった男性は車椅子に乗っていたが、検疫所では特に考慮されなかったという。帰宅後すぐ、男性は下痢の治療のため病院を訪れ、MERS感染が確認された。男性は検閲所で感染の疑いがある患者として分類されなかったため、妻とともにタクシーを利用して病院を訪れた。同乗者や医療関係者らは現在、密接接触者として隔離されているという。

男性にはクウェートの病院訪問歴(8月28日)もあったことから、「疾病管理本部が検閲をおろそかにした」と指摘する声が上がっているという。MERS患者の多くは、医療機関での患者との接触により感染するといわれている。これに対し、同本部は「MERS感染の疑いがある患者の分類基準は、中東への旅行歴と呼吸器の症状、発熱だ」とし、「症状が下痢のみである場合は該当しない」と説明した。

韓国では3年前にMERSが大流行した。政府が初期対応に失敗したことで、186人の感染者が発生し、38人が死亡。その後、同部では大々的な防疫システム改革が行われていた。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「前政権と何も変わっていない」「文政府は、安全な国を作ると約束しなかった?」「仕事をしない公務員を全員クビにしてほしい」「中東から帰国した人が下痢の症状。これだけでも十分疑わしい。マニュアル通りにしか働けないの?」など不満の声が相次いでいる。

また、感染した男性に対し「病院ではなく、質病管理本部に電話すべきでは?」「タクシー運転手に何の罪が…」「男性はMERSにかかっていることを自覚していたに違いない。それなのになぜタクシーに乗った?」などと指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事