Record China

ヘッドライン:

韓国の「日本旅行ボイコット」の連鎖反応?訪韓日本人観光客数の伸び鈍化=韓国ネットからツッコミも

配信日時:2019年9月26日(木) 6時50分
拡大
24日、韓国・ニュース1によると、韓国を訪れる日本人観光客数はこれまで前年比2桁の増加幅を維持してきたが、8月は伸びが鈍化に転じた。写真は仁川国際空港。

2019年9月24日、韓国・ニュース1によると、韓国を訪れる日本人観光客数はこれまで前年比2桁の増加幅を維持してきたが、8月は伸びが鈍化に転じた。

韓国観光公社の統計資料によると、8月に訪韓した日本人観光客は32万9562人で、前年同月(31万5025人)比4.6%増加した。日本が対韓国輸出規制強化措置を取った7月までの累積は192万8516人で、前年比25.5%の増加だった。記事は「訪韓日本人の伸びが鈍化したのは、韓国人による日本旅行ボイコットの連鎖反応と見られる」と指摘している。公社関係者は「本格的な日本旅行ボイコットは8月から広がった。一部格安航空会社(LCC)路線の運航縮小や運休により、(日本人観光客の)増加の勢いが多少鈍化したようだ」と分析している。今年は増加幅の減少が続く可能性が高いという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「こっちも行かないから」「日本人は来てもあまりお金を使わないしな」「日本人が来ないことより、韓国人が日本に行かないことの方が重要だ」などの声が上がっている。

一方で「日本人観光客の増加は続いてるってことだよね」「鈍化はしたけど増え続けてるんだよ。記事の書き方が悪い」「ひどい記事だな(笑)」「どうにかして日本不買運動に冷水を浴びせたいんだな」など、記事に対するツッコミも多く寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング