Record China

ヘッドライン:

テコンVは日本のパクリじゃない判決、「パクリ大国」と言われた中国人はどう見る?

配信日時:2018年8月3日(金) 18時20分
拡大
2018年8月3日、ソウル中央地裁が韓国のロボットアニメ「テコンV」について、「日本のキャラクターの模倣には当たらない」との判断を示したことが、中国でも伝えられた。

「テコンV」は、かねてより日本のアニメキャラクター「マジンガーZ」のデザインの盗作ではないかとうわさされてきた。このほど、株式会社ロボット・テコンVは、テコンVに似た玩具を販売した業者を相手取り、著作権侵害で訴訟を起こした。業者側は「テコンVは日本のマジンガーZを模倣したものであり、著作権法で保護される創作物には当たらない」と主張していた。

ソウル地裁は判決で、「テコンVとマジンガーZには外見上、明らかな違いがある」「韓国の国技であるテコンドーをテーマにしており、日本文化に基づいて作られたマジンガーZなどとは特徴が異なる」などと指摘。業者が販売した製品について、「消費者の多くがテコンVと認識しており、著作権侵害に当たる」として、被告に4000万ウォン(約400万円)の支払いを命じた。

中国では、新浪新聞の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウント・微天下が、3日に写真付きで伝えた。中国のネットユーザーからは、「そっくりだ」「ほぼ同じなのによくパクってないと言えるな」「これはマジンガーZへの侮辱」など、テコンVはマジンガーZの盗作に当たるという声や、「面の皮が厚いな」「韓国は中国の伝統的な祝日までも奪おうとした」と韓国を批判する声が見られた。

また、自国が「パクリ大国」などと揶揄(やゆ)されることもあり、「これに関しては、私たちはとやかく言えない」「こんなのせいぜい『参考』程度だろう。どこかの国(中国)は直視できないレベル」「似過ぎでしょ。でも、私たちも笑えないな。韓国は日本からパクり、中国は日韓からパクる」といった意見も。さらに、日本で2002年から放送された「電光超特急ヒカリアン」と酷似していると話題になった中国アニメ「高鉄侠」を引き合いに出すコメントも多く、「(テコンVのパクリの程度は)中国の『高鉄侠』ほどじゃないな」といった意見が並んでいる。(翻訳・編集/北田
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「中国人として恥ずかしい…」=日本の番組にそっくり!中国の番組パクリ疑惑に中国人謝罪―中国メディア

近年、中国のテレビ番組が海外のテレビ番組をまねる問題がたびたび指摘されているが、今度は日本のニュース番組を模倣したとして物議を醸している。日本人のネットでの指摘に対し、中国人が謝罪するという事態にまで発展している。

Record china
2017年6月7日 11時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング