汚職疑惑に隠し子疑惑、韓国仏教最大宗派の住職が辞任―中国メディア

配信日時:2018年8月3日(金) 13時10分
汚職疑惑に隠し子疑惑、韓国仏教最大宗派の住職が辞任
画像ID  1011784
3日、観察者網は、汚職疑惑や隠し子疑惑などのスキャンダルが報じられた韓国仏教の最大宗派、大韓仏教曹渓宗の雪靖総務院長兼曹渓寺住職が住職辞任を決めたと報じた。写真は曹渓寺。
2018年8月3日、観察者網は、汚職疑惑や隠し子疑惑などのスキャンダルが報じられた韓国仏教の最大宗派、大韓仏教曹渓宗の雪靖(ソルチョン)総務院長兼曹渓寺住職が住職辞任を決めたと報じた。

記事によると、雪靖氏は昨年秋に曹渓宗の中心となる曹渓寺の住職に選ばれた。任期は4年。曹渓宗は2200余りの寺院を有しており、僧侶は1万2000人以上、信者の数は1000万人を超える。学校や病院のほか、テレビ局や出版社なども抱え、韓国の全宗教の中でも最大規模の団体に属するという。

記事は、騒ぎの経緯として、今年5月にMBCが「雪靖氏は巨額の財産を自身の親族のもとに隠した可能性がある」とする番組を放送したことや、「雪靖氏には恐らく隠し子がいる」との情報が明るみに出たことを説明。このほか、騒ぎをめぐる動きとして、87歳の僧侶が絶食して雪靖氏に抗議したことにも言及し、「雪靖氏の醜聞は曹渓寺と曹渓宗の名声に極めて大きな傷を負わせた」とするこの僧侶が絶食41日目の先月30日に病院に搬送されたことを伝えた。(翻訳・編集/野谷
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事