2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

米中対立激化、貿易分野を超え「新たな冷戦時代」に突入か―中国メディア

配信日時:2018年10月8日(月) 17時20分
米中対立激化、貿易分野を超え「新たな冷戦時代」に突入か
画像ID  1031363
7日、ペンス米副大統領はこのほどワシントンで行った演説で、中国が広域経済圏構想「一帯一路」を通じて影響力を広げる「債務外交」を展開していると強く批判した。
2018年10月7日、参考消息網は、ペンス米副大統領がこのほどワシントンで行った演説で、中国が広域経済圏構想「一帯一路」を通じて影響力を広げる「債務外交」を展開していると強く批判したことについて、「米中対立は貿易分野を超え、新たな冷戦を引き起こす恐れがある」と懸念する記事を掲載した。

日本メディアによると、ペンス氏は演説で、11月の中間選挙を前に、中国が秘密工作やプロパガンダ機関によってトランプ氏に反対する世論誘導を目論んでいると断定。「中国へ米国の民主主義に干渉している」と強く批判した。

これを受け、中国のネット上では「1972年のニクソン大統領(当時)の中国訪問時以来の厳しい演説内容だ」、「新たな冷戦時代の幕開けが近い」などの声が広がった。

一方、中国外務省の華春瑩(ホア・チュンイン)副報道局量は5日に談話を発表。ペンス氏の批判に対し「中国の内外政策に数々のいわれのない非難を行った。断固反対する」と強く反発した。(翻訳・編集/大宮)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事