Record China

ヘッドライン:

韓国で火災相次ぐBMW、今度はミニクーパーで出火=韓国ネットから不満続出

配信日時:2018年8月3日(金) 20時50分
拡大
2日、韓国・中央日報によると、韓国でBMW車から出火する事故が相次ぐ中、傘下ブランドのミニクーパー車でも火災が発生した。写真はソウル。

2018年8月2日、韓国・中央日報によると、韓国でBMW車から出火する事故が相次ぐ中、傘下ブランドのミニクーパー車でも火災が発生した。

記事によると、火災は先月4日にソウル市内で発生した。韓国内ではBMWのディーゼル車の火災が頻発しているが、BMWブランドのガソリン車で発生したのは今回が初めてという。

鎮火に当たった消防署の火災現場調査書には「ミニクーパーのバッテリーとエンジン部が発火した」と記録されており、BMWグループコリアは「車が全損して火災原因を知ることができない状況」とし、「当該車は試乗車として使われていた」と話している。

なお、現在リコールを進行中のBMW車との関連性については「構造的に完全に別の車になるので、BMWの火災事件とは無関係」と一線を画したとのこと。

これを受け、ネットユーザーからは「BMW=Burning Motor Wagon(燃えるモーターワゴン)」「BMW側は車が売れたら粗品として消火器を付けるべきじゃない?」などと皮肉る声や、「ここまできたらドイツ本社が何か言うべきじゃない?」「現代車だったらとっくの昔に大騒ぎになってるはず。なのにBMWはやっとリコール?」「火災で消防車が出動、交通渋滞を引き起こし、道路も損傷。一体誰が補償してくれるの?」などBMW側の対応への不満の声が上がっている。

一方で、「今回の事態は、国産車に何か問題があった時にメーカーのせいにしてた人たちが原因。そのせいでBMWが傍若無人になった」「心配ご無用。300ウォン(約30万円)まけたら買う人がごまんといるから」と韓国の消費者への非難コメントも寄せられた。(翻訳・編集/松村)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

現代自動車の全州工場までストップ、韓国の自動車産業に“危機”=「全て労組のせい」「品質の良い外国製を買った方が…」―韓国ネット

27日、韓国メディアによると、トラックやバスなどの商用車を生産する韓国の現代自動車が販売不振により、1週間の予定で全州工場の稼動を中断させたことが分かった。写真は現代自動車の看板。

Record China
2018年3月29日 20時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング