「手が勝手に…」スラムダンク描き写し疑惑の韓国漫画家が釈明、ネットから大ブーイング

配信日時:2018年8月2日(木) 21時20分
「手が勝手に…」スラムダンク描き写し疑惑の韓国漫画家が釈明
画像ID  1011513
2日、韓国・ソウル新聞によると、韓国の漫画家キム・ソンモさんが「トレーシング疑惑」への立場を表明した。
2018年8月2日、韓国・ソウル新聞によると、韓国の漫画家キム・ソンモさんが「トレーシング(他人の絵を描き写すこと)疑惑」への立場を表明した。

韓国のネット上では最近、キムさんの連載するウェブ漫画「高校生活記録簿」のいくつかの場面について「井上雄彦さんの名作バスケットボール漫画『スラムダンク』を描き写したものではないか」との疑惑が浮上していた。ネットユーザーらは「登場する人物の目や眉毛、口だけでなく、汗の位置まで酷似している」と指摘した。

これに対し、キムさんは1日、自身のフェイスブックで「見習い時代にスラムダンクを30冊ほど描き写したことがある。知らぬ間に手が覚えてしまい、その後に作品が(スラムダンクと)酷似していると指摘されてきた」と説明し、「わざと他の作家の絵を描き写すことはない」と疑惑を否定した。ただ「確認したところ、読者が疑ってもおかしくないほど酷似していた」とし、「すぐに修正し、再発しないようにする」と述べた。その上で「画風が似るのは脳より手の問題であるため、理解してほしい」と呼び掛けた。

キムさんの立場について、韓国のネットユーザーからは「納得できない」「言い訳が下手過ぎる」「トレーシングせずにそんな絵が描けるわけない」「画風が似ていることと描き写すことは全く別物。ああ恥ずかしい」「面白い作品だったのに残念だ」など批判や落胆の声が数多く上がっている。また「今回だけじゃない。以前にはドラゴンボールトレーシング疑惑もあった作家だ。単純なミスでは済まされない」との声も。

一方で「正直、人の顔が似てしまうのは仕方ない。目、鼻、口の数は同じなのだから」「無意識に描いてしまうことだってある。大した問題じゃない」と擁護する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 色は匂***** | (2018/08/03 09:07)

    よく似た絵を描くことがあるというのは分かるが、それを自分の作品として発表するというのは別の話。 プロ意識が足りないというか、自分の作品に対する責任感がないというか・・・ そんな人でもプロとしてやっていけるんだね・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
  • mor***** | (2018/08/02 23:02)

    相変わらずパクることしか出来ず、進歩するつもりも全く無いんだな。 チョーセンジンってどうしてこうもオリジナリティが無いのだろう? 自らの手で生み出す喜びを知らずただ、人気あるのを模倣して懐が温かくなって注目を浴びてホルホル出来ればそれでいいとしか頭にないんだな、きっと。 法治国家じゃねーから、ある程度しゃーないんだが青瓦台や法務はちゃんと管理しろよ。なぜいつも逆の判断を下すのか意味わかんねぇ・・・・が、やっぱり人間じゃないからか?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/08/02 22:22)

    >トレーシングせずにそんな絵が描けるわけない 実際に描くところを公開して〈トレース〉なしにそっくりに描けるか実証してほしい。フリーで描いたら下手だったなんてオチかもしれないからだ。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事