日本の病院のトイレに感嘆!中国のトイレに足りないのは紙だけじゃなかった―中国メディア

配信日時:2018年8月3日(金) 8時20分
日本の病院のトイレに感嘆!中国のトイレに足りないのは紙だけにあらず
画像ID  1011469
1日、騰訊網は、「中国ではどうして病院のトイレにトイレットペーパーが備え付けられていないのかと議論になっているが、日本の病院のトイレを見たら足りないのは紙だけではなかった」とする記事を掲載した。写真は日本のトイレ。
2018年8月1日、騰訊網は、「中国ではどうして病院のトイレにトイレットペーパーが備え付けられていないのかと議論になっているが、日本の病院のトイレを見たら足りないのは紙だけではなかった」とする記事を掲載した。

記事は、「日本の病院のトイレ環境から、日本の医療体系におけるサービス体系を見てみよう。各診療科や手術室などでは必要な機能や感染予防措置が異なり、汚物の処理方法や使用者の身体能力が異なることから、トイレにもそれぞれ異なるデザインが施されている」と紹介した。

そして、「小児科のトイレは色鮮やかで、幼児用の便器が備え付けられている。肛門科では温水洗浄のほか、オストメイト、人工肛門患者が利用しやすいような設計になっている。移動が困難な患者の病室には、ベッドの隣に便器が用意されている」などと説明している。

また、「視力や視覚、認知能力の障害を考慮し、病院内のトイレでは文字の大きさ、位置、形、高さ、扉の形状、携帯品を置く場所の設置など、十分に患者のことが考えられている」とした他、「すぐに助けを呼べるように緊急用の押しボタンも配備されている」と紹介した。

記事は、「トイレは病院の管理やサービスのレベルとともに、国や市民の生活レベルをも映し出す。社会の進歩、使用者や管理者の教養が現れるのだ」と指摘している。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事