Record China

ヘッドライン:

奇跡!韓国企業建設のラオスダム決壊、事故現場で赤ちゃん発見―中国メディア

配信日時:2018年8月10日(金) 15時10分
拡大
10日、環球網は、ラオスで先月23日に起きたダム決壊事故で、崩れかけた建物の中から男の赤ちゃんが見つかっていたことを報じた。写真は事故現場で活動する中国救援隊。

2018年8月10日、環球網は、ラオスで先月23日に起きたダム決壊事故で、崩れかけた建物の中から男の赤ちゃんが見つかっていたことを報じた。

先月23日に決壊したのは、韓国企業が参加して建設が進められていた水力発電用のダム。記事によると、赤ちゃんが見つかったのは31日のことで、中国救援隊にボランティアとして加わっていた元・米海軍の男性が衰弱しきっているところを救い出したそうだ。

男性は建物の中に人がいるとは期待しておらず、「これは奇跡。私が現場を訪れた時間、場所に間違いはなかった。あと数時間遅かったら彼は恐らく亡くなっていただろう」とコメントしているという。(翻訳・編集/野谷

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国企業とラオス政府、ダム決壊の「責任」めぐり攻防加熱―韓国メディア

31日、中国新聞網によると、ラオス南部アッタプー県で建設中だった水力発電用のダムで23日に起きた決壊をめぐり、「工事を請け負っていた韓国企業とラオス政府との間で、責任の所在をめぐる攻防が加熱している」と韓国メディアが報じている。写真は中国の救援隊。

Record China
2018年8月2日 10時40分
続きを読む

韓国企業建設のダム決壊、ラオス政府「豪雨に耐えられる設計すべきだった」=韓国ネット「人災だ」「豪雨に耐えられないダム?」

29日、韓国・SBSによると、韓国のSK建設が建設中だったラオスのダムが決壊した事故の原因として、ラオス政府は「自然災害」を有力視しているものの「人災」の可能性にも大きな関心を寄せているという。

Record China
2018年7月30日 17時20分
続きを読む

ランキング