2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日本旅行で財布を紛失、「きっと戻ってきますよ」に半信半疑だったが…―中国人ジャーナリスト

配信日時:2018年8月3日(金) 22時20分
日本旅行で財布を紛失、「きっと戻ってきますよ」に半信半疑だったが
画像ID  1011181
1日、深セン商報は「複雑な日本人」と題する記事を掲載。同市のジャーナリスト・譚氷梅さんの手記を紹介している。写真は名古屋。
2018年8月1日、深セン商報は「複雑な日本人」と題する記事を掲載。同市のジャーナリスト・譚氷梅(タン・ビンメイ)さんの手記を紹介している。以下はその概要。

私は2度日本に行ったことがある。寒風の中、上野公園では早咲きの桜が青空とコントラストをなしていた。桜の木の下で、和服姿の若い女性が傘を手に舞い、子どもたちは追いかけっこ、老婦人は茶道の技術を磨いていた。

この美しさと対をなすのは、この国の殺人と武士道。私は東京国立博物館で春日大社の特別展を見たのだが、菩薩や心経のすぐそばで、武士の刀が展示されていた。ある米国人はかつて日本人を「好戦的であり、善良である。武士道を重んじながら、美しいものを好む。乱暴でありながら、優雅でもある。頑固でありながら、適応力もある。保守的ありながら、新しい事物を受け入れる」と評した。

もう一度は名古屋だった。路上では信号を無視する人はほぼ見られず、見る限り人々は静かでルールを守っていた。私と息子は旅行中、うっかり財布を落とした。観光地のスタッフの人は「きっと戻ってきますよ」と慰めてくれた。半信半疑だったが、その日の夜には本当に手元に戻ってきた。しかも、数万円の現金とクレジットカードなどが一つもなくなることなく。(翻訳・編集/北田
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事