韓国、国際線の運航便数2.8%増、日本路線は24%減―韓国メディア

配信日時:2019年10月27日(日) 12時30分
韓国、国際線運航便数2.8%増、日本路線は24%減―韓国メディア
画像ID  1011140
今月27日から来年3月までの冬季の韓国の国際線の運航便数は前年同期比2.8%増える一方で、日本路線は24%減ることが、韓国国土交通部のまとめで分かった。写真は仁川国際空港。
2019年10月25日、韓国KBSワールドラジオの中国語版サイトは、今月27日から来年3月までの冬季の韓国の国際線の運航便数は前年同期比2.8%増える一方で、日本路線は24%減ることが、韓国国土交通部のまとめで分かったと報じた。

国土交通部によると、同期間、96の航空会社の計378の国際路線の運航便数は、前年同期比2.8%増の週4980便となる。

中国路線の運航便数が全体の25.3%(週1260便)で最も多く、次いで、日本18.9%(週939便)、ベトナム11.4%、米国10.7%の順となっている。

運航便数の増加率が最も高い国はベトナムで、週126便増える。一方、日本路線は週301便減り、運航便数1位の座を中国に明け渡した。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事