韓国のイメージを毀損する画像を世界に拡散、その“主犯”に韓国政府も当惑

配信日時:2018年8月2日(木) 9時10分
韓国のイメージ毀損する画像を世界に拡散、“主犯”に韓国政府も当惑
画像ID  1010942
31日、韓国・朝鮮日報によると、女性限定の匿名サイト「Womad」の会員が「韓国は隠しカメラの国」というコメント付き画像を外国人観光客に向けて拡散している。
2018年7月31日、韓国・朝鮮日報によると、女性限定の匿名サイト「Womad」の会員が「韓国は隠しカメラの国」というコメント付き画像を外国人観光客に向けて拡散している。

最近の韓国国内では、フェミニズム(女性主義)が高まりを見せているといわれる。今回、画像が投稿された「Womad」は、ゲイなどの性的少数者や障害者などの社会的弱者も含んだ「すべての男性を嫌悪する」ことをモットーとしている。

画像には「韓国に旅行に来たことがある?もしそうなら、あなたの家族は隠しカメラで盗撮されたはず。韓国の男性はあなたの娘の体を見て性的満足感を得ている。あらゆるトイレ・寝室には超小型隠しカメラが設置されている。韓国に来ないで」という英語のコメントが付けられている。また、日本語でも「あなたが隠しカメラの存在を知ったら、韓国には来ないだろう」と書かれている。

こうした画像を作成した「Womad」会員は、画像の投稿に至った経緯を「『韓国は隠しカメラの国』だという認識を広めることによって、外国人観光客が減少し経済が打撃を受ければ、韓国政府は迅速に(盗撮の)捜査に乗り出すだろう。そのためにも、なるべく世界の多くの人に画像を拡散しなければならない」と説明している。また、「被害者が盗撮写真や動画を削除してほしいと要求しても受け入れられることはない」とし、「被害者は最悪の場合自殺するが、その動画を見た人たちは名作と呼ぶ」と主張した。

「Womad」が作成した画像は、現在フェイスブックやインスタグラム、ツイッターなどのSNSを通じて急速に拡散されている。また、外国人が簡単にアクセスできるように、コメントには人気アイドルグループの防弾少年団、BIGBANG、東方神起などのハッシュタグが付けられている。

韓国政府関係者は「国家イメージ毀損につながる投稿が国内から全世界に広がる現象に当惑している」と述べている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「今まで『盗撮された女性が悪い』って言う人が多かった」「海外旅行に行って韓国人って言うのが恥ずかしい」「海外に広まってやっと(盗撮が)恥ずかしいことだって気づいた?」と指摘する声が見られる。

他にも、記事が「国を貶めるWomad」と題されていることから「この記事書いた記者もそういう動画サイトの利用者?」「国を貶めているのは盗撮であって、『Womad』じゃない」「注意喚起して何がいけないの?」「女性の旅行者に危険な国に行くなって知らせるのは当然のこと」「コメントは事実を述べているだけ。恥ずかしいなら韓国の男性が盗撮をやめればいい」「もっとまともな記事書いて」と記事に対する批判的なコメントも多く寄せられている。(翻訳・編集/渡辺)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事