2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国人の「爆買い」は収束、文化体験型観光が新たな人気―中国メディア

配信日時:2018年10月8日(月) 18時10分
中国人の「爆買い」は収束、文化体験型観光が新たな人気
画像ID  1031364
7日、中国新聞網によると、中国から日本への「爆買い」目的の旅行は減少する一方、日本文化を体験し、日本について理解を深めるタイプの旅行が人気を集め始めている。
2018年10月7日、中国新聞網によると、中国から日本への「爆買い」目的の旅行は減少する一方、日本文化を体験し、日本について理解を深めるタイプの旅行が人気を集め始めている。環球時報(電子版)が報じた。

10月1日の国慶節(建国記念日)連休中、中国人の「爆買い」は落ち着きを見せる一方、新たなタイプの日本旅行が人気を集め始めた。北京から東京を訪れたある男性は、旅の目的を「文化体験」と説明。国立博物館、東京写真美術館、蔦屋書店などをめぐった。「最大の収穫は日本と中国の文化の違いを知ることができたこと。次は京都など伝統的な都市に行きたい」と話す。

また、北海道に住んで10年になる中国人女性によると、中国人観光客にとって、北海道は自然の宝庫で憧れの場所だ。東京や大阪などの騒々しさを離れ、人が少なく景色が美しいことが人気を集める理由となっている。北海道は日本の中でも中国からのリピーター率が高く、ツアーに参加せず、より長く滞在し、より深く旅を楽しもうとする人が多い。

さらに、最近人気なのが三重県だ。大阪や京都、名古屋などからの交通の便が良く、松阪牛や伊勢海老などのグルメ、伊勢神宮などの名所もあるためだ。(翻訳・編集/大宮)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事