英国の新外相が中国外相との会談で「恐ろしいミス」、中国人妻を「日本人」と言い間違える

Record China    2018年7月31日(火) 11時50分

拡大

30日、環球時報の微博アカウントによると、ジェレミー・ハント英外相が中国の王毅外相に中国出身の妻を紹介する際、うっかり「妻は日本人です」と発言した。

2018年7月30日、環球時報の微博アカウントによると、ジェレミー・ハント英外相が中国の王毅(ワン・イー)外相に中国出身の妻を紹介する際、うっかり「妻は日本人です」と発言した。環球時報は「恐ろしいミス」との見出しで伝えている。

就任後初めて中国を訪れたハント外相は30日に王外相と会談。妻が中国出身であることを紹介しようとしたつもりが「私の妻は日本人です」と発言してしまった。ハント外相はすぐに謝りに気付いて「いや、中国人です。これはひどい誤りだ」と訂正すると、両国の出席者から笑い声が漏れたという。

ハント外相のミスに対し、中国のネットユーザーは「初めての訪中でリラックスしようとしたつもりが、逆に緊張させてしまった」「いくら何でもひどい間違いだろう」「自分の妻がどこの出身かを忘れるなんてどうかしてる」「だから、日本は古くよりわが国固有の……」といった感想を寄せた。

また、無意識に「日本人」という言葉が出てきたことに対して「日本のことが頭にあるんだろうなあ」「これは、彼の英中関係に対する潜在的な意識を表している」などとコメントするユーザーも。

さらに、「彼はまだ若いから、もしや別にもう1人妻がいるのか?」「やばいね、日本の愛人がいるのがバレちゃったね」「これは事故だわ、気まずいわ」など、スキャンダルの火種になりかねない失言だと茶化すコメントも多く見られた。(翻訳・編集/川尻

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携