2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

日中の空港にはあるのに韓国の空港にはないもの=韓国ネット「便利そう」「海外より国内でお金を使った方が…」

配信日時:2018年7月31日(火) 11時20分
日中の空港にはあるのに韓国の空港にはない「便利なもの」って?
画像ID  1010637
29日、韓国・KBSは、日本や中国の空港にはあるのに、韓国の空港にはないものについて報じた。写真は仁川国際空港。
2018年7月29日、韓国・KBSは、日本や中国の空港にはあるのに、韓国の空港にはないものについて報じた。

記事によると、韓国の空港にないものとは「到着時免税店」。海外渡航先から帰国した際、入国審査場を通過した後に行ける免税店だ。すでに世界中で137の空港が到着時免税店を運営中で、成田空港では昨年オープンしている。韓国政府は「課税の原則に反する」「税関監視の取り締まりが弱体化する」などの理由から設置に反対しているという。

現在、韓国で帰国の際に利用できる最後の免税店は「機内免税品販売」で、昨年は大韓航空が1699億ウォン(約170億円)、アシアナ航空が964億ウォン(約96億円)を販売し、毎年3000億ウォン(約300億円)を超える売り上げがあるとされる。そのため韓国でも、航空会社の「独占」を防止し、乗客の便宜を図るため「到着時免税店」の必要性が数回にわたって提起されている。仁川(インンチョン)空港商業施設のキム・チャンギュ処長も「到着時免税店の運営により働き口も増え、内需が活性化する利益がある」と話しているという。

これを受け、韓国のネット上では「知り合いのお願いで出発時に買った免税品を旅行中ずっと持ち歩くことになる」「いつも(免税店で)買ったものを持ち歩かなきゃならないし、スーツケースのスペースを確保するのも大変。帰国時に免税店を利用できるようになったらいいな」「海外より国内の免税店でお金を使った方がよくない?」などの声が上がり、オープンを期待するユーザーは多いようだ。

ただし、それ以上に「はあ…。この国は一体何ができるの?」「大韓航空やアシアナ航空、国土交通部や関税庁、司法部がグルなんじゃない?」「機内免税品は高い。企業にばかりよくしてあげる韓国」との非難コメントが目立つ。

一方で「韓国だけにないわけじゃない」「米国にもないし、欧州にもあまりない」と指摘する声も上がった。(翻訳・編集/松村)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事