サムスンのスマホ爆発で女児やけど、家族「サムスンは確認する前に電池が偽物だと決めつけた」―中国

Record China    2018年7月31日(火) 16時10分

拡大

29日、貴州都市報によると、中国貴州省で昨年起きたサムスン電子のスマートフォン爆発事故をめぐり、やけどを負った女児の父親が「サムスンは確認する前に電池が偽物だと決めつけた」と話しているという。写真は爆発したスマホ。

2018年7月29日、貴州都市報によると、中国貴州省で昨年起きたサムスン電子のスマートフォン爆発事故をめぐり、やけどを負った女児の父親が「サムスンは確認する前に電池が偽物だと決めつけた」と話しているという。

昨年3月、同省安順市の馮玲玲(フォン・リンリン)さんが購入したスマホが充電中に爆発し、5歳の娘が顔や手にやけどを負った。馮さんは「サムスン側から納得のいく回答が得られなかった」として訴訟に踏み切っており、今月26日には天津市西青区人民法院の審理が行われた。被告となったのは天津三星通信技術有限公司(サムスンと天津企業との合弁会社)など4社で、馮さん側は賠償金およそ175万元(約2800万円)の支払いを求めている。

記事によると、裁判では電池が偽物だったかどうかが議論の焦点になるとみられるが、サムスンは以前、関係機関に対して「電池はもともと取り付けられていたものではなく、サムスンが生産したものでもない」と説明していたという。ただ、馮さんは「最初から付いていた電池を使っていた。事故発生後、電池はずっと手元にあり、サムスンは鑑定もせずに偽物との判断を出した」と話しているという。(翻訳・編集/野谷

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携