Record China

ヘッドライン:

K-POPの次は「K餃子」が世界でブームに?

配信日時:2019年1月19日(土) 0時20分
拡大
9日、韓国・マネートゥデイは、「世界にK餃子ブームが起こっている」と報じた。資料写真。

2019年1月9日、韓国・マネートゥデイは、「世界にK餃子ブームが起こっている」と報じた。

記事によると、韓国の大手食品メーカー・CJ第一製糖の「bibigo餃子」が昨年、前年比20%増の6400億ウォン(約640億円)の売り上げを記録した。特に海外で、全体の53.7%を占める3420億ウォン(約340億円)を売り上げ、初めて国内売上2950億ウォン(約290億円)を上回ったという。海外売上は2015年の1240億ウォン(約120億円)から3年間で2倍以上伸び、その割合も15年の40.8%から12.9ポイント上昇している。

売上増加は、米中やベトナム、欧州など大陸ごとの生産拠点を基盤として餃子の消費拡大に取り組んだことが功を奏したとみられている。14年から韓国および米中などに研究開発(R&D)やインフラ、工場建設など2000億ウォン(約200億円)以上投資し、競争力を強化した。また、ベトナムなど新規生産基地では、市場調査や消費者の需要、食文化のトレンドなどを分析して現地の消費者を狙った製品を開発したという。

CJ第一製糖では、今年Kahiki FoodsやMainfrostなど米国とドイツから買収した現地食品メーカーとの協業を通じてさらに売り上げを伸ばす予定。今年は国内売上3400億ウォン(約340億円)、海外売上5650億ウォン(約560億円)など計9050億ウォン(約900億円)の売り上げを予想している。さらに20年にはbibigo餃子の売り上げを1兆ウォン(約1000億円)以上に増やし、このうち70%を海外で達成する目標も立てたという。6兆ウォン(約6000億円)規模の海外餃子市場において、現在9%程度のシェアを15%まで拡大する計画だ。関係者は「海外市場でもK餃子ブームを継続させ、世界的な餃子ブランドに跳躍したい」と述べているという。

このニュースは韓国のネット上で話題になっており、ネットユーザーからは「おいしい」「これまで冷凍餃子は独特のにおいがしたけど、bibigoはそれがない」「餃子で1兆ウォンが目標とはすごい」「中国でも人気とは不思議。中国はもともと餃子をたくさん食べる国だから、難しいと思ってた」と高評価の一方で、「好みじゃない」「他社製品と何が違うのか分からない」とのコメントも寄せられている。

また「K餃子って(笑)」「K-POP、Kビューティー、Kドラマの次はK餃子だって?」とネーミングに食いつくユーザーもいた他、日本に住むユーザーからは「K餃子を推し進めていくのであれば、日本でもちょっとは安く売ってよ。高過ぎて買えない」との嘆きも上がっていた。(翻訳・編集/松村)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本の大衆文化開放20年、K-POP、衣食、コスメ、「玄海灘を渡ったのは韓国の大衆文化だった」と韓国紙

1998年に韓国・金大中政権が日本の大衆文化解禁に踏み切ってから20年が経過した。朝鮮日報はK-POP、衣食、コスメなどを例に「玄海灘を渡ったのは日本の大衆文化よりも韓国の大衆文化コンテンツだった」と強調した。写真は日本の韓流関連の展示。

Record China
2018年12月15日 19時20分
続きを読む

ランキング