「最強のパスポートランキング」最新版、首位は日本とシンガポール―中国メディア

配信日時:2018年7月30日(月) 7時10分
「最強のパスポートランキング」最新版、首位は日本とシンガポール
画像ID  1010197
27日、中国メディアの騰訊網に、ビザなしで訪問できる国の数を比較したヘンリー&パートナーズによる最新の「パスポートランキング」で、日本とシンガポールが同率で首位になったとする記事が掲載された。写真は日本のパスポート。
2018年7月27日、中国メディアの騰訊網に、ビザなしで訪問できる国の数を比較したヘンリー&パートナーズによる最新の「パスポートランキング」で、日本とシンガポールが同率で首位になったとする記事が掲載された。

記事は、ヘンリー&パートナーズが国際航空運送協会(IATA)のデータに基づき作成したパスポート・インデックスの最新版で、日本とシンガポールがビザなしで訪問できる国の数はともに189カ国で最多だったと伝えた。

記事によると、上位国の多くは欧米諸国が占めている。ドイツは188カ国で2位となり、3位にはデンマーク、フィンランド、フランス、イタリア、スウェーデン、スペイン、韓国が187カ国で並んだ。

保守的な移民政策で揺れている米国は順位を1つ上げ、ノルウェーや英国、オーストラリア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガルとともに186カ国で4位となった。

中国は今年に入り75位から69位へと順位を上げ、ビザなしで訪問できる国は72カ国に増えた。

サッカーのワールドカップを開催したロシアは予想に反し48位と順位を下げ、ビザなしで訪問できる国は118カ国だった。(翻訳・編集/岡田)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事