2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

フジテレビが中国展開を強化、アリババ傘下の動画プラットフォームの優酷と提携など

配信日時:2018年7月28日(土) 10時20分
フジTVが中国展開強化、アリババ傘下の動画サイトの優酷と提携など
画像ID  1010051
フジテレビは27日、中国大手のECサイト「アリババ集団」傘下の動画配信プラットフォーム「優酷信息技術(YOUKU)」と戦略的パートナーシップを締結したと発表した。写真は中国ですでに動画配信が始まった「警視庁いきもの係」。
<日中経済・新事情>
関連企業・イベント:フジテレビ、アリババ、優酷(YOUKU)、日本郵船、郵船ロジスティクス、安吉汽車物流、メディアフラッグ、ホンダ、日産、大日本塗料、アサヒホールディングス、アサヒプリテック、キレイコム、中国美容博覧会

●フジテレビが中国展開を強化、アリババ傘下の動画プラットフォームの優酷と提携
フジテレビは27日、中国大手のECサイト「アリババ集団」傘下の動画配信プラットフォーム「優酷信息技術(YOUKU)」と戦略的パートナーシップを締結したと発表した。フジテレビのドラマ配信などを行う。第1弾は2017年7月に放送されたドラマ「警視庁いきもの係」などで、7月から中国全土で視聴が可能になった。フジテレビによると、日中企業の有機的な結びつきの検討も行う。

●日本郵船と郵船ロジスティクス、中国での自動車関連物流を強化…合弁会社が本格稼働
日本郵船と郵船ロジスティクスは27日、安吉汽車物流との合弁会社が、「上海安吉日郵物流」の新社名のもと、本格的に稼働を開始したと発表した。3社それぞれの技術やノウハウを融合し、海外部材調達から完成車輸送、アフターマーケット部品配送に至るまで、高品質な自動車関連物流の一貫したサービスを提供するなどで、中国での自動車関連物流を強化する。

●メディアフラッグ、中国での覆面調査サービス地域を全国に拡大
流通・サービス業分野のアウトソーシングを手掛けるメディアフラッグは27日、中国における「覆面調査サービス」が同国全国で実施できるようになったと発表した。「覆面調査サービス」は調査員が身分を告げずに飲食業、小売業、金融機関の店舗や支店を訪れ、接客サービスや清掃状況などの調査結果をまとめ、改善提案やコンサルティングを行うサービス。ディアフラッグはインドなどでも同サービスを行っており、「日本のおもてなしを世界へ」をコンセプトにマーケットの拡大を進めている。

●ホンダ、世界生産・海外生産・アジア生産・中国生産が6月単月と1~6月累計で過去最高
ホンダは27日、6月度における四輪車の生産台数などの実績を発表した。
6月の世界生産は前年同月比0.7%増の44万9396台で、3カ月連続で増加して過去最高だった。1~6月では前年同期比3.7%増の268万1341台で、3年連続で増加して過去最高だった。
6月の海外生産は前年同月比2.0%増の38万2689台で、3カ月連続で増加して過去最高だった。1~6月では前年同期比3.6%増の226万3159台で、7年連続で増加して過去最高だった。
6月のアジア生産は前年同月比9.1%増の19万9160台で、3カ月連続で増加して過去最高だった。1~6月では前年同期比5.0%増の110万3155台で、7年連続で増加して過去最高だった。
6月の中国生産は前年同月比8.7%増の13万8915台で、4カ月連続で増加して過去最高だった。1~6月では前年同期比6.7%増の72万1842台で、3年連続で増加して過去最高だった。

●日産、中国での6月単月・1~6月累計の生産・販売が過去最高
日産自動車は27日、6月度における生産や販売の実績を発表した。
6月単月の中国での生産台数は前年同月比14.5%増の13万8363台、1~6月累計では前年同月比9.8%増の74万1687台で、いずれも過去最高だった。
6月単月の中国での販売台数は前年同月比10.4%増の13万1038台、1~6月累計では前年同月比10.8%増の72万447台で、いずれも過去最高だった。
グローバル生産(日本国内+海外)は6月単月、1~6月累計ともに前年実績を下回った。グローバル販売は6月単月では5カ月ぶりに前年実績を上回り、同月として過去最高だった。1~6月累計では前年を下回った。

●大日本塗料、浙江省嘉興に子会社を設立。
大日本塗料は27日、浙江省嘉興市に100%子会社を設立すると発表した。環境・安全対策の整備を行うと共に、溶剤系、水系に加え粉体塗料の新たな製造拠点を確保すことで事業拡大を図る。新会社の資本金は1200万ドル(約14億円)で2019年10月の稼働開始を予定する。

●アサヒホールディングス、上海と台湾の子会社を解散
アサヒホールディングスは27日、同社100%子会社のアサヒプリテックの傘下である上海と台湾の子会社を解散すると発表した。アサヒプリテックの100%子会社で中国における貴金属リサイクル事業を行ってきた上海朝日浦力環境鍵は、行政による規制強化などにより事業の円滑な運営と経営が困難になったとして解散する。台湾・新竹県で台湾における貴金属リサイクル事業を行ってきた朝日浦力環境鍵は、工場建物の所有者の事業転換ならびに資産管理方針の変更により、主力である歯科関連事業の許認可を維持することが困難になったため解散する。ただし、現地法人による歯科関連事業は終了するが、他の事業はアサヒプリテックが継続する。

●キレイコム、中国進出を検討する化粧品企業向けに「中国美容博覧会の活用術」テーマにセミナー
BtoB向け「化粧品メーカー×バイヤー」のプラットフォームを運営するキレイコムは8月29日、中国進出を検討する化粧品企業向けに「中国最大級の美容イベント・中国美容博覧会(CBE)の150%活用術について」と題するセミナーを開催する。キレイコムはCBEのオフィシャルパートナー・総代理店で、日本の化粧品企業の中国進出支援を行なっている。同セミナーではCBE代表や、JETRO担当者を講師に迎え、中国進出のノウハウやCBEの活用法について詳しく伝える。(翻訳・編集/如月隼人
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事