「愛国教育」しなくても日本人は国を愛する、実は中国のおかげ?!―中国コラム

配信日時:2018年7月29日(日) 14時0分
「愛国教育」しなくても日本人は国を愛する、実は中国のおかげ?!
画像ID  1009859
26日、中国のネット上に、日本の高校、大学を卒業して日本で就職したという人物による「日本で感じた日本の『不愛国主義教育』」と題する文章が掲載された。写真は東京。
2018年7月26日、中国のネット上に、日本の高校、大学を卒業して日本で就職したという人物による「日本で感じた日本の『不愛国主義教育』」と題する文章が掲載された。

文章はまず、「不愛国主義教育とは何なのだろう?」と語りかけ、「日本は幼稚園から大学に至るまで『愛国』スローガン禁止」「学生にいかなる政治的見解も注ぎ込んではならない」「学校は学生に国歌斉唱を強要することはできない」と説明する。これに続けて、国歌斉唱で起立しなかった教師が懲戒処分を受けた問題で、東京高裁が教師寄りの判断を示したことを紹介。「不起立なんて中国ならネットで大攻撃にさらされる」とし、「不愛国主義教育」のもとでも日本を大切にしようという若い世代が絶えないことを「実際はとても単純なことなのだ」と説く。

文章は「未成年に国家、民族について理解させることは難しい。詰め込み教育で教え込んでも彼らの記憶に残るのは抽象的な概念だけだ。しかし、空を覆うスモッグと青空、どちらが良くてどちらが悪いかは簡単に理解できる」と主張し、日本の学校ではごみ処理場でリサイクルについて学ぶなど自然、環境に関する校外学習が行われていることを紹介。「日本の子どもたちにとっての最大の幸運は『中国』という隣人がいること」とも指摘する。

文章はその理由について、「中国のスモッグが毎年、日本の子どもたちに『環境を大切にしなかった場合の結末』を教えているからだ」と説明。再びスモッグと青空の例を挙げた上で、「こういうわけで、『愛国』スローガンが全くない日本に世界で最も周囲の環境、自分の生きる土地を愛する国民が誕生するのだ」と締めくくった。(翻訳・編集/野谷
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/10/08 10:26)

    所謂軍国主義ではなくなった。 当然日本人であり自分の親兄弟友人の住む国は愛している。 国のために戦わないという日本人が多いが、家族のためなら戦うという日本人は多い。 だから一方的なアンケートなんて無意味だ。 中国は大き過ぎて考え方まで同じにしないと気が済まない様だ。 中国人は友人に料理を多く振舞う事で友情を示すが日本人は、目に見える事は何もしない。 だから日本人は冷たいと今まで思われてきたが今在日中国人が増えて日本人の本質を知る機会が増えて来た様だ。 中国人の同僚が上司に指摘され叱られていても日本人は全く気にしないが、同僚の居ない所で上司に友人の考え方を日本人風に指摘する。 【上司に叱られている時に同僚を助けたら同僚が惨めになる。上司も部下に指摘されたら良い気持ちにはならないから。】 一番大きいのは、中国で反日ドラマが大きい様だ、日本に来たらドラマの様な事が全く無いからこそ真実を知る
    このコメントは非表示に設定されています。
  • oit***** | (2018/07/29 18:18)

    愛国と家族愛は違うと学びましょう
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 色は匂***** | (2018/07/29 16:44)

    人は生まれ育った場所や所属する集団に自然に愛着を持つ。ひどい目に合わなければ。 そんな感情を増幅させるのが愛国教育なのだろう。 民族などの逃れられない共通点により縛り付けるような教育かもしれない。 社会も同じようなものだが少なくとも何らかの恩恵があれば愛着はなくとも信頼や安心感を持ち生活できる。 要はどれだけ社会制度を整えられるかだろうか。 見かけのインフラだけでは不十分なのだろうね・・・
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事