2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

ケンブリッジ飛鳥が打倒中国選手に意気込み、中国ネットからは厳しい声

配信日時:2018年7月28日(土) 21時10分
ケンブリッジ飛鳥が打倒中国選手に意気込み、中国ネットは厳しい声
画像ID  1009706
26日、騰訊体育によると、日本の陸上男子短距離選手ケンブリッジ飛鳥が、間もなく開幕するアジア大会で中国選手に勝ちたいと発言した。資料写真。
2018年7月26日、騰訊体育によると、日本の陸上男子短距離選手ケンブリッジ飛鳥が、間もなく開幕するアジア大会で中国選手に勝ちたいと発言した。

記事は、ケンブリッジについて「父親がジャマイカ人で母親が日本人、2歳までジャマイカで過ごしその後来日。小学校ではサッカーに興じ、中学校から陸上競技を始め、全日本中学チャンピオンになった経験を持つ。2016年のリオ五輪400メートルリレーではアンカーを務めてウサイン・ボルトと並走。37秒60のアジア記録による日本の銀メダル獲得に貢献した。昨年6月には100メートルの自己ベストとなる10秒08を出している」と紹介した。

その上で、ケンブリッジが先日、日本陸上競技連盟のインタビューを受けた際にアジア大会の主なライバルを中国と位置づけ、「優秀な選手が多く、激しい戦いになる。メダルを取るのも簡単ではない。今回のアジア大会は来年の世界選手権につながる。100メートルで中国の蘇炳添(スー・ビンティエン)に勝てれば、来年の世界選手権で決勝に残れると思う」などと語ったと伝えている。

中国のネットユーザーは「ベストが10秒08で蘇と張り合おうなんてすごいな」「蘇に勝つだって?まず10秒を切ってから言え」「次元が違うわ」「蘇や謝震業(シエ・ジェンイエ)は9秒95を出す実力を持っている。平常心で臨めれば日本勢を打ちのめせる」など、その多くがケンブリッジに勝ち目はないとの見方を示している。蘇は先日、9秒91のタイムを記録している。

一方で、「日本には勝てないと思う。もちろん、リレーにはアクシデントもつきものだけどね」「中国は10秒2を切るくらいの選手を2人用意しないと、リレーでは日本に勝てない」など、4人の選手の力を合わせるリレーに関しては日本が有利な状況とみているようだ。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事