Record China

ヘッドライン:

韓国のパイロットがF35で初飛行、第5世代戦闘機の自主開発あきらめた?―中国メディア

配信日時:2018年7月27日(金) 0時10分
拡大
26日、上海熱線は、韓国空軍のパイロットが初めてF35Aの飛行訓練を行ったことについて、「第5世代戦闘機の自作を止めたのか?」と評した。写真はF35。

2018年7月26日、上海熱線は、韓国空軍のパイロットが初めてF35Aの飛行訓練を行ったことについて、「第5世代戦闘機の自作を止めたのか?」と評した。

記事によると、米アリゾナ州ルーク空軍基地で20日、韓国空軍のパイロットが初めてF35Aの飛行訓練を完了した。訓練を終えたパイロットは2019年に韓国の崇州空軍基地まで同機を操縦して帰るという。

記事は「購入したF35Aがラインオフしたばかりで、まだ引き渡されていないなか、韓国はすでに原子力潜水艦の自主開発に向けた準備を始めている。軍事大国を目指す韓国はもともと原潜建造の構想を1970年代から持っていたが、条件が整わなかったのだ。それが現在になって整ったので、着手しようということだろう」と推察した。

その一方で、「韓国の原潜プロジェクトプランは、フランスのバラクーダ級原潜をモデルとしたもののようだが、韓国が自力で原潜を建造できるとは信じがたい。原潜建造に必要な技術を身に着けるのは簡単なことではなく、現在の韓国はまだ初期の研究開発段階にあるからだ。フランスが提供する可能性がある資料も、機密上の問題から基本的なものに限られるだろう」と指摘している。

さらに、「米国が韓国の原潜開発技術の発展を許すだろうか。どの観点から見ても、米国が同意することはあり得ない。そして、米国が反対した場合に、韓国は拒絶することができないだろう。技術的な問題も大きいが、米国というハードルはさらに悩ましい問題だ。韓国にとって原潜の開発は、損が得を上回ることになる」と論じた。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国、原子力潜水艦は自主建造の方向へ、「3年で進水可能」と専門家=「いよいよ海軍の念願が…」「何年かかっても韓国で開発しよう」―韓国ネット

9日、韓国・中央日報によると、米国のトランプ大統領が訪韓し7日行われた米韓首脳会談で、文在寅大統領は数十億ドルに達する米国の軍事装備の購入を約束し、トランプ大統領は韓国が必要とする原子力潜水艦などの兵器の導入を認めた。資料写真。

Record China
2017年11月10日 23時20分
続きを読む

乗組員の7割が“逃げ出す”韓国軍潜水艦の過酷な環境=韓国ネット「これじゃ国を守れない」「韓国で最も重要な任務をしてくれているのに」

3日、北朝鮮による軍事的挑発に対抗し韓国で原子力潜水艦の導入必要性を訴える声が高まっているが、韓国・KBSによると、韓国海軍では熟練した潜水艦の乗組員を多数育成することが困難な状況にあるという。資料写真。

Record China
2017年10月8日 8時20分
続きを読む

ランキング