Record China

ヘッドライン:

格闘技対抗戦で日本に惨敗した中国、でもある行動を日本人が称賛!―中国メディア

配信日時:2018年7月25日(水) 12時10分
拡大
24日、捜狐は、日本で行われた格闘技の日中対抗戦で、日本に敗れた中国の選手たちがロッカールームをきれいに片付けて帰ったことで称賛を浴びたと報じた。写真は中国の記事より。

2018年7月24日、捜狐は、日本で行われた格闘技の日中対抗戦で、日本に敗れた中国の選手たちがロッカールームをきれいに片付けて帰ったことで称賛を浴びたと報じた。

先日行われた格闘技イベント「第4回武林風 vs Krush日中対抗戦」で、中国の格闘集団・武林風が1−6で敗れた。記事は「特筆すべきことに、中国チームは試合に敗れたが、会場を離れる際に選手控室をきれいに清掃していった。室内はしっかり整頓されており、ごみやホコリが見当たらなかった。この行為に、日本のネットユーザーが深く感動し、中国チームのマナーの良さをについて続々と称賛を寄せた」と伝えた。

そして、日本のネットユーザーにものとして「素晴らしい!それに比べて観客席にごみを捨てて帰る人がいて、とても恥ずかしい」「控室が素晴らしい。試合後の会見でもとても友好的な雰囲気だった。次の日中対抗戦を期待したい」「本当に紳士だった。日本の選手も見習わなければ」といった声を紹介した。

イベントを開催したプロモーション団体CFP(チャイニーズファイティングプロモーション)の関係者もツイッター上で、控室の写真とともに「好来不如好去(立つ鳥跡を濁さず)。試合後に全員で控室を清掃して帰った武林風チーム。とても爽やかなヤツらでした!」と中国選手を称賛している。

記事は、「プロの試合では、選手は必ずしも国を代表するわけではない。しかし、外国の観客にとってみれば、選手たちの振る舞い、さらにはその発言が中国人のモラルを知る手掛かりになる。愛国という言葉に縛られて『小日本を打倒せよ』と叫びつつ、負けを認めようとしない時代は本当に終わりを告げた。私たちは人々から称賛を勝ち取るようになった」と評した。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

W杯日本代表のロッカー清掃ツイートしたFIFAスタッフ、守秘義務違反で解任=中国ネットは賛否両論

16日、サッカーのW杯でベルギーに敗れた日本代表が帰った後のロッカールームの様子をツイッターに投稿したFIFAの運営スタッフ、プリシラ・ヤンセンスさんが、守秘義務に違反したとして解任されたとする情報が中国でも話題になっている。写真は日本代表のベルギー戦。

Record China
2018年7月16日 12時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング