「パンダ模様」の懸垂型モノレール、成都でテスト運行―四川省成都市

配信日時:2018年7月26日(木) 0時20分
「パンダ模様」の懸垂型モノレール、成都でテスト運行―四川省成都市
画像ID  1008742
21日、中国四川省成都市で、「パンダ模様」の懸垂型モノレールのテストプログラムが行われた。
7月21日、中国四川省成都市で、「パンダ模様」の懸垂型モノレールのテストプログラムが行われた。線路の長さは11.2キロメートルで、最高スピードは時速80キロ。全線には駅が4つ、乗換駅が1つ設けられており、総投資額は21億7800万元(約356億円)に上る。

その他の写真

同プロジェクトは観光をメインとする交通路線だ。自然景観などの観光資源を現代技術とうまく融合させ、車内も涼しさを感じさせる青い色で飾られている。

また、成都市はこれからも空中鉄道研究開発センター、空中鉄道鉄鋼構造基地、空中鉄道産業園などを組み合わせて建設し、軌道交通産業の構築を加速する見込みだ。(提供/環球網・編集/黄テイ)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事