Record China

ヘッドライン:

文大統領が韓国経済を楽観視?政策への質問にはため息も=韓国ネットから厳しい声

配信日時:2019年5月11日(土) 8時20分
拡大
10日、韓国・世界日報によると、文在寅大統領が韓国の経済状況について「今年後半には良くなるだろう」との考えを示した。写真はソウル。

2019年5月10日、韓国・世界日報によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が韓国の経済状況について「今年後半には良くなるだろう」との考えを示した。

記事によると、文大統領は就任2周年を記念して行われた韓国メディアとの対談で、今年1~3月の経済成長率がマイナス0.3%を記録したことについて「心配だ」としつつも「幸い徐々に良くなっている。後半には潜在成長率の2%中後半水準に回復すると見て期待している」と述べた。また「G20(主要20カ国・地域)やOECD(経済協力開発機構)の中で韓国は相当な高成長国」とし、「国民が感じる経済認識とかけ離れている」との質問に対しては「マクロ的に見て韓国経済が大きく成功したことは認め、自信を持つべき」と強調したという。

一方、文大統領は最低賃金引き上げの話題になると大きくため息をつき、「所得主導政策を推進する中で生じた問題について後悔があるか」との質問に「心残りがある」と答え、再びため息を漏らしたという。文大統領は「最低賃金引き上げを通じて少なくとも雇用市場の中に入って来た人たちの給与などの部分は改善した」と評価しつつも「自営業者対策や社会安全網対策を同時に施行することが難しく、当事者らに対し政府として恐縮している」と述べた。さらに、最低賃金の引き上げ率については「大統領選挙で私を含む数人の候補が20年までに1万ウォン(約934円)に引き上げると約束したことが委員会の決定に影響を与えたと見て、この部分については大統領も共に責任を取るべきだと思う」との考えを示した。その上で「2年で最低賃金が急激に引き上げられ、それが肯定的に作用する一方で負担も少なくないと判断するなら、委員会がこうした点を考慮し、韓国社会と経済が受容できる適正なラインで引き上げ幅を決定するだろう」と述べたという。

文大統領の発言について、記事は「楽観論を貫き、マイウェイを突き進む考えをはっきりと示したもの」と伝えている。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「去年は今年の初めには政策の効果が表れて経済が良くなると言っていたよね?」「マイナス成長が高成長?」「韓国内の企業がみんな海外に逃げている現状が正常だということ?」「朴前大統領が弾劾され、文大統領が就任した時は韓国の未来は明るいと信じていた。なのに2年間で彼がしたことは何もない」「責任者の立場にある人が『期待している』だって?文大統領はいつも人任せで無責任」など厳しい声が多数上がっている。

一方で「なんだかんだ言っても過去最高の大統領。思い切った政策でこの国を変えてほしい」「文政権を批判する人の気持ちが理解できない。経済のためにここまで努力する政権は初めてなのに。長い目で見て応援するべきだ」と擁護する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング