旭日旗掲揚問題、日本が護衛艦の派遣を取りやめ=韓国ネット一安心

Record China    2018年10月5日(金) 14時10分

拡大

5日、韓国・JTBCは、日本の海上自衛隊が、今月10日から韓国・済州で開かれる国際観艦式への護衛艦の派遣を取りやめると発表したと伝えた。写真は済州。

2018年10月5日、韓国・JTBCは、日本の海上自衛隊が、今月10日から韓国・済州で開かれる国際観艦式への護衛艦の派遣を取りやめると発表したと伝えた。

記事によると、韓国政府関係者は同日、「物議を醸している旭日旗掲揚問題をめぐり、日本が11日午前に予定されている海上査閲などに艦艇を送らない考えを通知してきた」と明らかにした。別の関係者も「午前中に行われた協議で、日本の海上自衛隊に対し、旭日旗を掲揚する場合は海上査閲に参加させられないとの立場を伝えたところ、日本側から艦艇を送らないとの回答があった」と話したという。ただ日本は、12日に行われる西太平洋海軍シンポジウム、WPNSには海上自衛隊の幹部ら代表団を派遣する予定という。

この決定に、韓国のネットユーザーからは「気分がすっきりした!済州で旭日旗が掲げられるなんて、考えただけでも恐ろしい」「正しい決定。参加しても日韓の対立が激化するだけだ」「日本の決定を称賛する日が来るとは…」「韓国政府がいい仕事をした」など安堵(あんど)の声が相次いで寄せられている。また「これを機に日本が過去をしっかり反省してくれたら」「日本は変わるべきだ。良心を持つ国に」と訴える声も。

一方で「日本とけんかしていいことは1つもないのに」「次に日本で開かれる行事に韓国は呼ばれないだろう。日韓関係がますます悪化していく」「文政権は、中国や北朝鮮の望みどおりに動いている気がする」などと懸念する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ANOMADO ショッピングサイト オープン!詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携