Record China

ヘッドライン:

【動画】中国のビルに高さ100メートルの人工滝が出現!中国ネット「どう見ても水漏れ」

配信日時:2018年7月26日(木) 15時10分
拡大
23日、観察者網は、貴州省貴陽市のビルに高さ100メートルの人工滝が出現したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

2018年7月23日、観察者網は、貴州省貴陽市のビルに高さ100メートルの人工滝が出現したと伝えた。

記事によると、7月20日に貴陽市観山湖区にあるビルから、大量の水が噴き出している動画が貴陽市民のSNSのグループチャット内で出回り、「水道管が破裂したのではないか」「水漏れにしては水が大量すぎる」などと話題になったという。このビルの責任者によると、これはビルが企画した滝で、ビルの高さは121メートル、滝の設計高さは108メートルで、貴陽市唯一の滝ビルだという。

この滝の下は大型の貯水池になっていて、滝の水は普段この貯水池に貯められている。滝を開放する時には18万5000ワットの大型ポンプ4台を使って水を上まで引き上げ、それから下に水を開放するという。

記事によると、滝を1回起こすために2時間以上かけて水を貯め、滝が落ちる時間は約1時間で、毎回少なくとも800元(約1万3000円)の電気代がかかるという。そのため、祝日など特別な日以外には滝の開放は行っていないという。

記事は、この「滝ビル」の設計には多くの困難が伴ったが、水利施工経験が豊富な企業によって問題を解決したと紹介。建設者によると人工滝では世界最高の高さなのだという。

これに対し、中国のネットユーザーから「この独特な景観からすれば、1時間で800元なら安いだろう」「貴州は良い所で、水も電気も不足していない。不足しているのは人気と資金で、適切にお金を使って宣伝するのは理解できる」などの好意的なコメントが寄せられた。

しかし、「どう見ても水漏れしているようにしか見えない」「ビルが飲みすぎて吐いているようだ」「このビルなら火事は恐くないね。でも部屋は湿気とカビだらけだろう」「この種のクリエイティブが増えると、ますます未来がなくなる」などの否定的な意見も少なくなかった。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング