Record China

ヘッドライン:

香港製造100%!今、香港クラフトビールが熱い!!

配信日時:2018年7月25日(水) 20時0分
拡大
この数年、香港製造のクラフトビールのブームが到来している。今年から来年あたりはそのブームのピークと言っても良いのではないだろうか。
(1/7枚)

この数年、香港製造のクラフトビールのブームが到来している。今年から来年あたりはそのブームのピークと言っても良いのではないだろうか。

その他の写真

そもそも香港ではそれ程ビール文化が浸透してこなかった。元イギリス植民地であり国際色豊かな地域のため、街へいけば多くのバーもある。しかし、地元香港人はその人口の割合に対しビール愛好家は多いとは言えず、地場ビールも発達してこなかった。

香港で地場のクラフトビールが発達してこなかった理由は、幾つか推測できる。大きな理由としては、やはり土地が狭いという事があげられるのではないだろうか。大きな樽を置くスペースが必要なビール製造には、それなりのスペースと資金が必要だ。また長寿大国と知られる香港では、体を冷やす飲み物からは遠ざかる傾向があった。

それがこの数年、香港にもクラフトビールの波がやってきた。それは外国産のクラフトビールを多く飲めるバーから始まり、今では香港製造のクラフトビールが多く出現してきているのである。

この数年の香港製造品に対する盛り上がりも、香港クラフトヒールのブームの後押しをしているに違いない。香港ではオールド香港・レトロ香港・香港自らの文化を見直す動きが盛んになってきている。その中で香港独自のものを作り出す動きが加速をするのは、頷ける話だ。

現在香港にあるクラフトビールのブルワリーは、外国人先頭に立っているものから香港人のみのものまで、規模も種類も様々だ。今日はその中の幾つかをご紹介してみたい。

香港クラフトビールの先駆者的存在のヤングマスター(Yong Master、少爺)は、香港に2カ所のブルワリーを持ち、うち1ケ所では定期的な工場見学をしている。また、多くのレストランやホテル・有名店と提携をしたコラボレーションビールも提供している。昨今 有名どころのバーへ行けばヤングマスターを置いているところが多く、日本人がもっとも飲むチャンスが多いメーカーだといえる。

レストラン等では数種類ずつしかないビールが、第2ブルワリーの中なら、ほぼ全ラインナップを入手できる。

オールシーズンのものから、季節限定品まで常時数種類のラインナップがある。香港の気候や文化にあったビール造りをしており、その独創的な味を造り出すスタイルは、クラフトビール業界のリーダー的存在ならでは。

また、そのレトロなロゴやビールラベルはデザイナーと作りあげてきたもの。レトロなパンツスタイルのロゴは一度見たら忘れられない印象があり、今のオールド香港ブームにもぴったり。香港製造百份百(100%香港製造)を大きく打ち出している。ヤングマスターの人気の勢いは止まらず、香港のみならずシンガポールなどへも進出をしている。

そして香港の神様にまつわるビールを造りだしている門神がある。門神(MOONZEN)という企業(ブランド)名は、名前の通り中国や香港で信じられているドア・ゴットの神様をからきているもの。この門神が製造するビールのラインナップは色々な神様の名前が付けられており、趣向が面白い。

中国・香港に関する神話ストーリーからビールの名前が付けられており、Moon Goddess、Jade Emperorなどと面白い。門神でも毎週1回、一般の人が入場してビールの試飲や見学ができる。

最近ではスーパーなどの小売店でもクラフトビールのラインナップを増やしている。さらに人気の鬼佬(gwei-lo)がある。鬼佬は広東語で外国人(西洋人)の男性を意味する。昔は西洋人の男性が飲むものだったビールだが、それをブランド名にするというのは香港ならでは?

味は勿論のこと、各社趣向を凝らして香港らしさをアピールしながら成長をしている香港クラフトビール。ぜひ一度手にとったり、ブルワリーを訪れたりしながら、飲み比べていただきたい。(提供/フライメディア)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
※株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、撮影コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「香港クラフトビール」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。

http://flymedia.co.jp/

関連記事

杭州市のドリームタウンでドローン・デリバリー体験!

中国でキャッシュレス化や無人化に関する話題をよく聞くようになり、最近では、もうどんな業種や店舗が無人化になってもあまり驚かなくなったが、そうした中、久々に大きな注目を集めたのが、「ドローン・デリバリー」だ。

フライメディア
2018年7月11日 19時20分
続きを読む

ランキング