中国でハイテク産業が発展したのは「かっこいいから」―米紙

配信日時:2018年7月26日(木) 6時0分
中国でハイテク産業が発展したのは「かっこいいから」―米紙
画像ID  1008480
23日、米紙ニューヨーク・タイムズは、中国で科学技術が急速に発展したのは「かっこいいからだ」と報じた。資料写真。
2018年7月23日、米紙ニューヨーク・タイムズは、中国で科学技術が急速に発展したのは「かっこいいからだ」と報じた。星島環球網が伝えた。

記事は、「中国では今後数年以内に、科学技術分野では無敵の存在になるだろう。ロボットがホテルで宿泊客に対応し、人工知能(AI)が勉強を教え、レストランからトイレまで最先端のテクノロジーが導入されるに違いない」と予測。

さらに、「中国はすでに新興科学技術分野で世界をリードしている。中国で昨年、AI関連融資を受けたスタートアップ企業の数は世界の半分を数えた。いずれ米国を抜いて世界トップに躍り出るため、ひたすら前を向いて走っている」とし、中国経済の専門家が「中国人はほかの国の人に比べて新しいものを試すのが好きだ。ただ『かっこよく見える』という理由だけで試してみる人たちなのだ」と話していることを紹介した。

その上で、「中国では駅にロボット警察官が現れ、ロボットが接客するレストランも雨後のたけのこのように作られている。しかし、実際にロボットの同僚と働く従業員いわく、今のところ人間より面倒で手がかかる存在のようだ」としている。(翻訳・編集/大宮)

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事