サンマ不漁は「中国の福山雅治」のせい!?日本のワイドショー番組で怪情報=中国・台湾ネット驚く

配信日時:2018年7月22日(日) 12時0分
サンマ不漁は「中国の福山雅治」のせい!?=中国・台湾ネット驚く
画像ID  1008102
21日、「サンマが日本人の口に入りづらくなったのは“中国の福山雅治”のせい」という日本の情報番組で紹介された説が、中国や台湾の人々を驚かせ、あきれさせている。写真はジェイ・チョウ。
2018年7月21日、「サンマが日本人の口に入りづらくなったのは“中国の福山雅治”のせい」という日本の情報番組で紹介された説が、中国や台湾の人々を驚かせ、あきれさせている。東森新聞網が伝えた。

その他の写真

話題の発端となったのは、テレビ朝日の情報番組「モーニングショー」でこのほど紹介された、日本人が大好きなサンマの漁獲高減少と価格高騰や、それにまつわる“原因”の究明だった。番組では近年、中国や台湾の漁船が大量に捕獲していることを紹介し、その重要な原因について台湾出身の人気ミュージシャン、ジェイ・チョウ(周杰倫)の楽曲が引き金になったとしている。

ジェイ・チョウが2004年にリリースした「七里香」には、「秋刀魚的滋味(サンマの味)」という歌詞が登場する。番組では、この人気曲で初めて耳にした「サンマ」に人々が興味を持ったことで、売上が大きく伸びたと紹介している。

これらジェイ・チョウとサンマに関する分析が、中国や台湾のネットユーザーを驚かせ、あきれさせている。まずジェイ・チョウが番組で「中国の福山雅治」と紹介された点についてネットユーザーからは、「ジェイは確かにカッコいいが、イケメン枠ではない」「音楽・ファッション・カリスマ性、あらゆる要素から総合的にカッコいいのであって、顔がどうこうという話ではない」「ジェイは台湾人。そんなことさえ調査できない番組ってド素人が作ってるの?」などといった声が上がっている。

「七里香」の歌詞は、ジェイ・チョウとタッグを組んで数々の名曲を世に送り出している作詞家、ヴィンセント・ファン(方文山)がつけたもの。問題の「秋刀魚的滋味」については、映画監督・小津安二郎の最後の一作となった「秋刀魚の味」から発想を得たことを、過去にヴィンセント・ファン自身がインタビューで語っている。

番組で紹介された一連の驚くべき内容に対してネット上では、「確かに“サンマ”という魚はこの歌で初めて知った。でも、ブームのきっかけなんて誰が言い出したのか逆に知りたい」「ブームと呼ぶにしては、もう14年も前の曲。完全にこじつけだね」「日本でよく“ありがとう台湾”なんて言ってるけど、実際は台湾への知識なんてこの程度。しかも間違いだらけだ」などといった手厳しい意見も寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • アメポ***** | (2018/07/23 15:33)

    まあ、これは公海でサンマ獲りまくってる中国・台湾にも当然問題はあるとして、そもそも彼らにサンマの味を教えてしまった日本人にも責任あると思うんだよね。 寿司だってそうだしウナギだってそうだし、グローバル化したお蔭で高騰してしまったものは枚挙に暇がない。 本当にいいものは誰にも教えずに、自分たちだけで楽しむのがいいのかも知れないね。 尤も、日本人も無軌道に海産資源獲りまくってるんだから、魚介の種類によっては誰も責められないんだけどね。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/07/22 13:51)

    >サンマ不漁は「中国の福山雅治」のせい 明石家さんまのせいでないことは確かだな。さんまさんが『愛ちゃん』を泣かせたのは25年も前のことである。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事