Record China

ヘッドライン:

中国の配車大手・滴滴がソフトバンクと合弁会社、日本でタクシー配車事業を展開―中国メディア

配信日時:2018年7月21日(土) 15時10分
拡大
配車大手の滴滴出行は19日、日本でソフトバンクと合弁会社を設立し、地元の日本人や観光客向けにタクシー配車サービスおよびスマート交通ソリューションを提供すると発表した。写真は大阪。

配車大手の滴滴出行は19日、日本でソフトバンクと合弁会社を設立し、地元の日本人や観光客向けにタクシー配車サービスおよびスマート交通ソリューションを提供すると発表した。人民網が伝えた。

日本は世界3位のタクシー市場で、オンライン配車サービスには大きな発展が期待できる。日本にはモバイルインターネットの整ったインフラがあり、タクシー産業は高基準のサービスで有名だ。一方で、高齢化社会の訪れにともない、都市部や地域での便利な移動ネットワークには切実なニーズがある。滴滴の朱景士(ジュウ・ジンシー)副社長(日本法人最高経営責任者<CEO>)は、「滴滴日本法人は中国の先進的データプラットフォームを導入して、現地のタクシー会社の運営効率を高め、ユーザーの満足度を高め、顧客基盤を拡大発展させる」と述べた。

滴滴は、2018年秋に大阪で実証実験を開始し、次いで京都、福岡、東京などの主要都市でも乗客、ドライバー、タクシー会社向けにサービスを提供する考えだ。また、同社の中華圏版アプリケーションにカスタムメイドの日本旅行対応機能を付加する予定で、アプリの文字情報の中国語・日本語リアルタイム同時翻訳機能、日本での中国語によるカスタマーサービスなどの機能を持たせる。実現後は、同アプリの利用により中国、香港、台湾のユーザーが、日本でもタクシーを呼べるようになる。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ソフトバンクと滴滴出行が日本で合弁会社、リコーが広東に生産会社、安川電機が瀋陽に第3工場など

写真はリコーが広東省東莞市に建設する新会社の完成予想図。製造データの活用や最先端のロボットや自動化設備の導入、太陽光発電設備や置換換気・空調システム、自然採光・自然換気などを積極的に採用するなど、中国の政策方針にも合致した運営理念を持つ特徴がある。

Record China
2018年7月20日 7時40分
続きを読む

訪日中国人客の「偽造国際免許でレンタカー」多発、警察が実態把握へ=中国ネットユーザーの受け止めは?

9日、日本を訪れる中国人観光客が、偽造とみられる国際免許証を使ってレンタカーを借りる事例が相次いでいることを受け、警察庁が実態把握に乗り出したとする報道が中国でも話題となっている。写真は中国人がネットで購入したフィリピンの国際運転免許証。

Record China
2018年4月10日 12時50分
続きを読む

ランキング