Record China

ヘッドライン:

成長する世界遺産?!中国の「万里の長城延長手術」に韓国が猛反発―米華字メディア

配信日時:2012年7月5日(木) 11時39分
拡大
4日、韓国紙・中央日報はこのほど、中国による「万里の長城延長手術」を批判した。1987年には6300キロだった万里の長城だが、今年6月には2万キロ以上に成長した。写真は6月5日、北京市の庸関長城。中国国家文物局による発表会で万里の長城の延長が発表された。
(1/8枚)

2012年7月4日、米華字ニュースサイト・多維新聞によると、韓国紙・中央日報は中国による「万里の長城延長手術」を批判した。

その他の写真

1987年に世界遺産に登録された万里の長城。当時の全長は6300キロだった。ところがこの中国のシンボルとも言える世界遺産はゴムひものように伸びていく。2009年には東端が山海関から遼寧省丹東市にある高句麗の遺跡・泊灼城に変更され、全長は8851.8キロとなった。そして今年6月には西は新疆ウイグル自治区、東は黒竜江省と変更され、全長はなんと2万1196.18キロと2倍以上になった。

中央日報によると、万里の長城の「延長手術」は考古学的発見の成果ではない。中国領土内にかつて存在していた、すべての民族を同じ「中華民族」として統合する政治的な意図が原動力になっているという。ある韓国の研究者は中国政府は万里の長城の東端を朝鮮半島まで延ばすことを計画していると指摘、警戒を呼びかけた。

一方、多維新聞は中国はもともと多民族国家であり、高句麗を含め少数民族王朝が築いた長城もまた中国のものだと反論している。(翻訳・編集/KT)

関連記事

ランキング