日本はどうした?前例のない豪雨、サウナばりの酷暑に人々は息も絶え絶え―中国メディア

配信日時:2018年8月3日(金) 15時20分
「日本はどうした?」と中国メディア、ここ最近の異常気象伝える
画像ID  1007254
2日、環球網は、日本では7月に異常な豪雨と高温に見舞われ、各地で深刻な被害が出たと報じた。写真は広島の被災地。
2018年8月2日、環球網は、「7月、日本列島は前例のない豪雨に襲われ、その後は高温サウナのような天気に覆われている」とし、「こうした異常な天気に、日本の人々は言葉で表現できないほど苦しんでいる」と報じた。

記事は、梅雨前線と台風の影響により7月8日前後に西日本を中心とした激しい雨が降り、日本全国にある122カ所の観測所で統計を取り始めて以降最大の降水量を記録して甚大な被害をもたらしたと紹介した。

そして、「豪雨の後には強烈な高気圧に覆われ、酷暑の状態が続いた。7月23日には埼玉県熊谷市で41.1度と日本における過去最高気温を記録したほか、7月には全国の108カ所の観測所でこれまでの観測史上最高気温を上回った。東日本では7月の平均気温が例年よりも2.8度高く、1946年に統計を取り始めて以来最高となり、西日本でも1.6度高く過去2番めの記録となった。気象庁は、7月の豪雨と酷暑は30年に一度のレベルの異常気象であるとの見解を示すとともに、今後もこのような極端な天気が発生する可能性があるため、警戒が必要とした」と伝えている。

中国中央テレビ(CCTV)も2日、「日本はどうした?」と題する記事を掲載。総務省消防庁が7月末に発表した統計で、4月30日から7月29日に熱中症の症状で病院に搬送された人数の累計が5万7534人となり過去の記録を大きく上回ったほか、搬送者のうち125人が死亡したことがわかったと報じた。(翻訳・編集/川尻
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事