韓国政府が西日本豪雨被害に100万ドルの義援金、日本のネットユーザーが思いもよらぬ反応―中国メディア

配信日時:2018年7月23日(月) 11時20分
韓国が日本に100万ドルの義援金、日本のネットでは「思わぬ」反応
画像ID  1007252
中国共産党系の環球網は22日、「韓国政府が日本の被災地に100万ドルの義援金、日本ネットユーザー『要らない』」と題する記事を掲載した。写真は豪雨被災地。
中国共産党系の環球網は22日、「韓国政府が日本の被災地に100万ドル(約1億1200万円)の義援金、日本ネットユーザー『要らない』」と題する記事を掲載した。韓国政府が西日本豪雨に対して100万ドルの義援金を贈ると決定したが、日本のネットユーザーからは拒否する声が多数寄せられていると伝えた。

記事は、日本メディアの報道を引用して、韓国が20日に西日本豪雨へ義援金を贈ることを決めたことや、日本の外務省がこれに対して謝意を表したこと、また河野太郎外相が23日に予定されている李洙勲駐日韓国大使との会談で改めて謝意を伝えることなどを紹介。韓国メディアも同様の報道を行っているとした。

その上で、「思いもよらぬことに、韓国政府の善意の行為が日本人には歓迎されなかったようだ」とし、日本のネットユーザーからは「ありがとう。でも要らない」「何か裏を想像してしまう」「素直に受け取れない」といった反応が寄せられていると伝えた。

実際、ネット上ではそうした意見が多いが、一部には「もらったら感謝はすべき」「ありがとうございます。被災地が助かると思います」「いろいろと思うことはあっても、ありがたいという気持ちでいよう」「困った時に助け合うのが隣国」といったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/北田
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事