日欧EPAの効果に否定的な見方、米国保護主義の穴埋めにはほど遠い―中国メディア

配信日時:2018年7月19日(木) 12時40分
日欧EPAの効果に否定的な見方、米国保護主義の穴埋めにはほど遠い
画像ID  1007210
米国の貿易保護主義への懸念が深まる中、日欧EPAが署名された。しかし、その効果に否定的な見方が出ている。
2018年7月19日、環球時報は、日本と欧州連合(EU)が経済連携協定(EPA)に署名したことについて、米国の貿易保護主義の穴埋めにはほど遠いという見方があると伝えた。

米CNNは「日欧が関税を撤廃し貿易の障壁を取り払うのは、トランプ大統領の貿易施策とは対照的だ」と伝え、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは「貿易自由化がますます米国を迂回(うかい)するようになっている」「米国はかやの外だ」と報じた。

しかし、記事によると、米国の保護主義によって生じる損失を日欧EPAが埋めることができるかどうかについては、否定的な見方があるという。2017年のEUの対米貿易額は6310億ユーロ(約82兆8800億円)だが、対日貿易額は1290億ユーロ(約16兆9400億円)とかなりの開きがあるという。

ロイターは、日欧EPAは世界GDPの約3割を占める巨大自由貿易圏となるものの、米国が輸入車に対しさらに高関税を課す可能性もあり、日欧EPAではトランプ大統領の貿易戦争によって生じる世界経済の損失解消や各国の懸念払拭は難しいと伝えているという。(翻訳・編集/岡田)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事