Record China

ヘッドライン:

副操縦士の喫煙で旅客機急降下、英紙「中国で勤務中のたばこは当たり前」

配信日時:2018年7月18日(水) 18時20分
拡大
17日、中国国際航空機が副操縦士の喫煙が原因で急降下した問題をめぐり、参考消息網は英紙タイムズが「中国で勤務中のたばこは当たり前」との記事を掲載したことを伝えた。資料写真。

2018年7月17日、中国国際航空機が副操縦士の喫煙が原因で急降下した問題をめぐり、参考消息網は英紙タイムズが「中国で勤務中のたばこは当たり前」との記事を掲載したことを伝えた。

10日に起きたこのトラブルは、機内で電子たばこを吸ったことをごまかそうとした副操縦士が空調のスイッチを誤操作したことによるものだ。記事は「問題発生以降、『中国のパイロットにとって勤務中の喫煙は当たり前』ということを複数の業界関係者が認めている」と説明し、ある空港関係者から「操縦席でたばこを吸っても監督する人がいない。地上スタッフも乗客も操縦士の喫煙を知りようがない」とのコメントが出たことを紹介。その上で、北京航空法学会の常務副会長から「コックピットでの喫煙は機体を危険にさらすため、厳しく禁止されている」との指摘があったことや、中国メディアが「違法喫煙だけでなく、内部管理の混乱も暴かれた」とする社説を掲載したことを伝えた。

記事は、「誤りは喫煙だけでなく、機長に対する副操縦士の連絡ミスや、急降下の際に付近の空港に着陸することなくそのまま飛行を続けるというルール違反もあった」ともしており、「多くの人が『一連のミスはさらに大きなルール違反の表れではないか』との懸念を抱いている」と指摘している。(翻訳・編集/野谷

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

中国で旅客機が急降下=機内で電子たばこ、空調誤操作の操縦士を解雇へ―露メディア

14日、露通信社スプートニクの中国語版サイトは、香港紙の報道を引用し、香港発大連行きの中国国際航空機で10日、客室が酸素不足に陥り急降下した問題で、中国国際航空は機内で電子たばこを吸った副操縦士らを解雇する方針だと伝えた。写真は中国国際航空機。

Record China
2018年7月15日 10時40分
続きを読む

ランキング