「731部隊」がサバイバルゲームに登場、韓国の開発企業が削除と同時に謝罪―中国メディア

配信日時:2018年7月18日(水) 17時50分
「731部隊」がサバイバルゲームに登場、韓国企業が削除と謝罪
画像ID  1006943
世界中で人気を博しているモバイルゲーム「絶地求生」を開発した韓国の藍洞工作室は15日、問題となっている一部ゲーム装備の配信を取りやめることとし、旧日本軍の軍旗「旭日旗」と「731部隊」をゲームから削除すると同時に、謝罪の意を表した。写真は731部隊跡地。
世界中で人気を博しているモバイルゲーム「絶地求生」を開発した韓国の藍洞工作室(Bluehole Studio)は15日、問題となっている一部ゲーム装備の配信を取りやめることとし、旧日本軍の軍旗「旭日旗」と「731部隊」をゲームから削除すると同時に、謝罪の意を表した。新華社が伝えた。

「絶地求生」を開発した藍洞工作室の子会社PUBG社は14日、新装備を打ち出した。この中の一つは、ゲームに登場する戦闘機パイロットが着用するマスクで、「旭日旗」のデザインがパイロットの右耳から右頬に施されている。また、同社はゲームに登場するAI(人工知能)を「731部隊」と命名した。

「旭日旗」は日本の軍国主義のシンボルと見なされており、細菌戦部隊である「731部隊」は第2次世界大戦中に多くの中国人・朝鮮人捕虜を生きた実験材料とし、彼らを死に至らしめた。

問題の装備がリリースされると、プレーヤーから批判の声が集まった。彼らは「絶地求生」の公式フォーラムに、「なぜ韓国企業が日本の軍国主義のシンボルを使うのか?」「あなたたちには失望した。ゲームを削除しようと思う」といった投稿を寄せた。

PUBG社は15日、「これらの装備は、もともと検収段階で削除するつもりだったが、新装備としてリリースされてしまった。われわれは問題の装備やキャラクター名を直ちに削除し、代金は返金する」と釈明した。

ファストフードチェーンのバーガーキングは昨年5月、韓国で新商品「ズワイガニワッパー」を発売したが、包装紙のデザインが「旭日旗」にそっくりだと非難された。また、昨年4月、複数の日本人サポーターが韓国のサッカースタジアムで「旭日旗」を掲げたため、韓国のサポーターから総攻撃を受けた。2014年、韓国のある芸能人が着用していた洋服のデザインが「旭日旗」に似ているとして、世論の非難を浴びた。(提供/人民網日本語版・編集/KM)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

【日中WeChat交流広場オープン】

新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください!

WeChatの掲載希望も大歓迎!

あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

最新ニュースはこちら

SNS話題記事