Record China

ヘッドライン:

鹿児島に「対中軍事基地」を建設しようとしている日本が忘れていること―華字メディア

配信日時:2018年7月19日(木) 0時20分
拡大
2018年7月17日、日本新華僑報網は、日本が鹿児島県に対中軍事基地を建設しようとしていると伝えた。

記事は、最近日本メディアが、鹿児島西之表市の馬毛島を海上自衛隊と航空自衛隊の拠点として活用する方針であると伝えたことを紹介。「これは、中国の脅威に対抗し、西南防衛を強化するために重要なことだとの見方がある」と伝えた。

その上で記事は、「日米には日本列島の軍事的な配置において、二つの問題がある」と指摘。一つは航空自衛隊には西南地区に那覇基地しかなく、ここが破壊されると代替拠点がないこと。もう一つは米軍のF18Aなどの戦闘機はすべて横須賀基地に停泊している空母ロナルド・レーガンでしか発着訓練ができないことで、「1カ所に集まっているのはリスクが大きい」とした。

そして、「一つ目の問題を解決するため、防衛省は鹿児島県の無人島である馬毛島を購入することを計画した」と紹介。「鹿児島県鹿屋航空基地のP3C哨戒機や、宮崎県新田原航空基地のF15戦闘機が、馬毛島で訓練できるようになる」とした。もう一つの問題については、「今年3月から一部の戦闘機を山口県岩国航空基地に移して訓練を行い、この先はさらに馬毛島に移して毎年2週間の訓練を行う計画だ」と伝えた。

記事は、「防衛省は馬毛島の買収に成功したら、海上自衛隊と航空自衛隊の軍事訓練をこの島で行う計画のほか、護衛艦いずもを改造してF35B戦闘機を搭載できる空母にする計画だ」と指摘。「今後はF35Bといずもは馬毛島で訓練を行うようになり、こうして馬毛島は日本の新たな軍事基地となる」と主張した。

そして、「これは対内的には、日米の空母が停泊し、日米の戦闘機が離着陸できる場所となり、対外的には中国から近く、沖縄基地以外の対中軍事基地となれる」と分析。「しかし、最も重要なのは、中国が強烈な反応を示すかもしれないということを忘れていることだ」と論じた。(翻訳・編集/山中)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「日中の空母競争が現実化?」と韓国紙、中国初の国産空母は試験航海に、日本は護衛艦にF35B搭載し運用も

韓国紙は試験航海を始めた中国初の国産空母などを取り上げる一方、日本は大型護衛艦を改造し、空母のように運用しようとする動きを見せている、と報道。日中の空母競争が現実化するかに注目が集まっている、と伝えている。写真は中国の遼寧号。

Record china
2018年5月20日 15時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング