検査でがんを見落した日本の病院が謝罪=中国ネットは中国の病院との違いを実感

配信日時:2018年7月18日(水) 20時50分
がんを見落した日本の病院が謝罪=中国ネットは中国との違い実感
画像ID  1006842
17日、新京報は、日本の病院で検査の際にがんを見落し女性が死亡したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2018年7月17日、新京報は、日本の病院で検査の際にがんを見落し女性が死亡したと伝えた。

記事は、東京都杉並区の河北健診クリニックが17日、記者会見を行い謝罪したことを紹介。「1人の女性が14年と15年にこの病院で胸部のレントゲン検査を受けたが、医師は異常なしと判断した。18年1月にもこの病院で再び胸部のレントゲン検査を受けたが、やはり検査結果は異状なしだった。この女性は、4月に呼吸困難となって別の病院へ救急搬送され、この病院で肺がんと診断され、6月に死亡した」と伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーから「見ろ、日本は検査で見落としただけで謝罪するんだぞ」「本当のことを言えば、この点では中国は確かに日本に劣る。少なくとも日本は過ちを認めている。中国の一部の病院は金もうけのためだけ」「日本人は好きではないけれど、でも日本の道徳教育には驚く。わが国の教育はいったいどれほど遅れているのだろう」などのコメントが多く寄せられた。

また、「これは中国の医療体制と一部の医療関係者の民度を思い出さずにはいられない。日本の半分ほどの民度があれば、今のような病院と患者の緊張状態はなくなると思う」「中国の病院よりはいいな。中国で医療事故が起きると、責任のなすりつけ合いとなり、家族は力で解決しようと病院を取り囲む。騒ぎが大きくなってようやく動き出す」と指摘するユーザーもいて、中国の病院との違いを痛感したようだった。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事