Record China

ヘッドライン:

西日本豪雨被災地で猛暑、過酷な環境の中避難生活を送る人々―中国メディア

配信日時:2018年7月17日(火) 17時50分
拡大
甚大な被害が出た西日本豪雨の被災地では猛暑日が続き、被災地に影響をもたらしている。14日から15日午前にかけ、岐阜県、京都府など複数の地域で気温が38度を超える猛暑日となり、避難生活や被災後の片づけを行う人々にとって、過酷な環境となった。写真は広島。

甚大な被害が出た西日本豪雨の被災地では猛暑日が続き、被災地に影響をもたらしている。14日から15日午前にかけ、岐阜県、京都府など複数の地域で気温が38度を超える猛暑日となり、避難生活や被災後の片づけを行う人々にとって、過酷な環境となった。中国中央テレビが伝えた。

被害が特に深刻だった広島、岡山、愛媛の3県では熱中症により133人が救急搬送された。医療機関によると、高温で乾燥した天気は土砂に潜んだ細菌が飛散しやすく、現地の人の呼吸器官や目に害をもたらす可能性があるそうだ。

また、NHK(日本放送)によると、被害を受けた15府県では、15日時点で4700人が今も避難所生活を送っている他、16万戸を超える住居で断水が続いている。しかし、広島県の一部地域では給水機能が回復しているという。(提供/人民網日本語版・編集/TK)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング