中国の9秒台スプリンター蘇炳添、実は日本アニメファン―中国メディア

Record China    2018年7月17日(火) 11時40分

拡大

16日、中国メディアの新浪看点に、陸上の100メートルで9秒91の記録を持つ中国の蘇炳添について「意外にも日本アニメのファンだった」とする記事が掲載された。写真は蘇。

2018年7月16日、中国メディアの新浪看点に、陸上の100メートルで9秒91の記録を持つ中国の蘇炳添(スー・ビンティエン)について「意外にも日本アニメのファンだった」とする記事が掲載された。

記事は、蘇が15日、中国語版ツイッターの微博(ウェイボー)に、生まれて間もない息子のおもちゃのために初めて「ガンプラ」を制作したと投稿したことを紹介した。

「ガンプラ」とは、1979年のテレビアニメ放送開始から根強い人気を保つ「機動戦士ガンダム」シリーズに登場するモビルスーツ(ロボット)のプラモデルのことだ。

記事はまた、蘇が鳥山明原作の人気アニメ「ドラゴンボール」の主人公、孫悟空の熱烈なファンであることも紹介。欧州での大会を終え新しいトレーニングに挑戦中の蘇が10日、ウェイボーに孫悟空の画像を添えて関係者やファンへのメッセージを投稿したことを伝えた。

「中国飛人」の異名を取る蘇は、6月22日にスペインのマドリードで行われた大会の100メートルで、追い風0.2メートルの条件下、9秒91をマークして優勝し、アフリカから帰化したカタールのフェミ・オグノデのアジア記録に並んだ。記事は「孫悟空ばりに飛ぶように神の奇跡を起こした」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携