Record China

ヘッドライン:

同じことをしても日本人だけが褒められる理由―中国メディア

配信日時:2018年7月17日(火) 16時50分
拡大
16日、新浪体育は、サッカー中国代表のロッカールームでも試合後に清掃が行われるのに、日本代表だけが称賛される理由について、中国国内のサッカー関係者の見解を伝えた。写真はユニフォーム。

2018年7月16日、新浪体育は、サッカー中国代表のロッカールームでも試合後に清掃が行われるのに、日本代表だけが称賛される理由について、中国国内のサッカー関係者の見解を伝えた。

2002年サッカー・ワールドカップ(W杯)で中国代表GKとして出場し、その後、中国代表コーチを何度も務めてきた河南建業クラブのテクニカルディレクター区楚良(オウ・チューリアン)氏は15日に行われたイベントで、今回のW杯について「グループリーグでも決勝トーナメントでも、アジア代表のプレーはアジア全体のレベル向上を感じさせるものだった。中でも日本の戦いぶりは最も称賛に値する。韓国もドイツとの試合で見せた屈強さで人びとを敬服させた。イランやオーストラリアも良いパフォーマンスを発揮した」と語った。

その上で「アジアサッカー全体のレベル向上は中国サッカーの進歩も導く。しかし、あれやこれやと盲目的に学ぶことは絶対にしてはいけない。自分の特徴を知り、進むべき道を行かなければいけない。中国は広大であるがゆえに、南と北ではサッカーの特徴も異なってくる。だから、完全に模倣する必要はない」としている。

さらに、日本代表が試合後にロッカールームをきれいに片づけたことが大きな話題になったことについて「実際、チームとして本来やるべきことであり、われわれもやっている。しかしそれでもみんな日本ばかりを称賛する。それは、われわれの取り組みがまだ不十分であり、みんなが当たり前に感じる状況になっていないことを示している。われわれは引き続き努力しなければならない」と持論を展開した。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本、ベルギーに逆転負け!中国ネットは奮闘称える=「感動した!本当にアジアの光」「日本の魂感じた!」

3日、サッカーのW杯ロシア大会決勝トーナメント1回戦でFIFAランク3位の強豪ベルギーと対戦した日本は2点をリードしながらも逆転で惜敗。初のベスト8進出はならなかったが、その果敢な戦いぶりに中国でも称賛の声が上がっている。

Record China
2018年7月3日 7時40分
続きを読む

ロッカールーム清掃した日本代表への称賛に異議あり!?中国人記者「絶対に選手がやったものではない」「ACLでは見たことがない」

3日、騰訊体育は、サッカー・ワールドカップロシア大会のベルギー戦に敗れた日本代表のロッカールームについて、中国のサッカーメディア関係者から「清掃したのは選手ではない」との声が出ていると報じた。写真は日本代表ユニフォーム。

Record China
2018年7月4日 15時30分
続きを読む

ランキング