Record China

ヘッドライン:

不法滞在・就労・入国の外国人への罰則、強化される=「出境入境管理法」可決で―中国

配信日時:2012年7月3日(火) 8時37分
拡大
30日、不法滞在の外国人に対する罰則を強化した「出境入境管理法」が第11期全国人民代表大会(全人代=国会に相当)常務委員会第27回会議で可決された。写真は11年1月、桂林の中国人家庭で旧正月を過ごす米国人留学生。
(1/7枚)

2012年6月30日、不法滞在の外国人に対する罰則を強化した「出境入境管理法」が第11期全国人民代表大会(全人代=国会に相当)常務委員会第27回会議で可決された。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

中国では不法滞在、不法就労、不法入国をしている外国人を「三非外国人」(非は非法=中国語で不法の意味)と呼び、5月には北京で100日間の集中取り締まりを行うなど、監視の目を強化している。

今回、可決された「出境入境管理法」では、就労許可を持たない外国人を違法に雇った場合、企業側に1人につき1万元(約12万円)の罰金が科せられるほか、外国人が違法な手段で得た報酬はすべて没収となる。

同法に違反した外国人に対し、悪質と判断されれば、中国公安部が強制的に国外退去にすることができる。強制退去処分を受けた外国人はその後10年間、中国に入国することができなくなるという。(翻訳・編集/NN)

関連記事

「外国人はゴミ」発言は排斥主義なのか?在中韓国人の6分の1が不法滞在なのだが…―中国紙

24日、中国の人気キャスターが外国人を「ゴミ」と称し、「中国から追い出せ」と中国版ツイッターで発言したことを受け、欧米メディアが「大衆の外国人排斥感情をあおっている」と不快感をあらわにしている。写真は北京の繁華街・王府井にあるロッテ銀泰百貨店。

Record China
2012年5月26日 8時17分
続きを読む

ランキング