Record China

ヘッドライン:

韓国企業の広告、中国が突然強制撤去―米メディア

配信日時:2018年7月17日(火) 13時50分
拡大
16日、米華字メディア・多維新聞によると、中国政府が北京市の中心部に掲示されていた韓国大手企業の大量の広告を強制的に撤去した問題で、サムスン電子など韓国の複数の企業はこのほど、同市を相手取り、損害賠償を求める訴えを起こした。資料写真。

2018年7月16日、米華字メディア・多維新聞によると、中国政府が北京市の中心部に掲示されていた韓国大手企業の大量の広告を強制的に撤去した問題で、サムスン電子など韓国の複数の企業はこのほど、同市を相手取り、損害賠償を求める訴えを起こした。

訴えを起こしたのは、サムスン電子、現代自動車、起亜自動車など。韓国企業側は12年、中韓国交正常化20周年を記念し、同市中心部の長安街に自社広告を掲げる契約を同市と締結した。契約は17年までで、その後25年末までに延長されていた。

しかし、同市は今月12日夜、軍の4部隊・兵士100人以上を動員。長安街一帯に掲げられた計190枚の広告のうち、サムスン電子、現代自動車の広告の大半を強制的に撤去した。同市は16年3月、突然方針を変更。サムスン電子などに対し「韓国企業の広告が景観を損ねている」と通達し、撤去する方針を示したという。(翻訳・編集/大宮)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

自衛隊閲兵式に旭日旗、韓国メディアが批判―中国紙

16日、環球時報(電子版)によると、パリ中心部のシャンゼリゼ通りで14日にあったフランス革命記念日恒例の軍事パレードで、日本から参加した陸上自衛隊が日本の軍国主義を象徴する旭日旗を掲げて行進したことについて、韓国メディアが批判している。資料写真。

Record China
2018年7月17日 9時50分
続きを読む

ランキング